FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年06月27日
月別アーカイブ  [ 2014年06月 ] 

慰安婦問題で自国民に訴えられる青瓦台

← 応援クリック、ありがとうございます。

 海の向こうから届くニュースには、時折信じ難いものが混じっている。昨日届いた、南鮮首相に鄭ホン原が留任したというニュースは、さしずめその信じ難いニュースのふたつのうちのひとつだ。鄭首相は、4月27日、セウォル号沈没事故をめぐる対応の不手際の責任を取って辞任する考えを示していた。その後首相に指名された一人は金の問題で辞退し、もう一人は過去の親日発言がひんしゅくを買って辞退。朴槿恵の「国家大改造」という掛け声も空しく、辞めた筈の首相の出戻りだ。

 GDP世界15位の看板で、「世界の大国の仲間入り」などと豪語していた国は、首相のひとりも決められなかった。南鮮の人口は5000万人もいるのに、首相候補がいないとは驚きである。考えられる理由は、金にクリーンな有力者がいないか、朴に人望が無いか、もしくは人材そのものが枯渇しているかぐらいしか考えられない。2ヶ月かけての元サヤということだが、大統領の強大な権限をもってしても、セウォル号沈没事故後の不手際という責任を負わされ、大統領の代わりに辞めさせられた人物を戻すぐらいしかできないなら、朴槿恵政権は早くもレームダック化のプロセスを迎えたということかもしれない。

閣議に出席する朴大統領と鄭首相(手前左)
閣議に出席するクネと鄭首相(手前左)

 もうひとつの南鮮からのニュースは、日本政府の河野談話の検証に対抗して、「慰安婦の歴史的証拠を出すニダ!」と息巻いていた南鮮政府が、自国民からその「慰安婦問題」で訴えられたというものだ。

韓国で元「米軍慰安婦」122人が国に賠償求め集団提訴

 【ソウル=加藤達也】朝鮮戦争の休戦後、在韓米軍基地近くの売春街(基地村)で米兵ら相手の売春をしていた韓国人女性ら122人が25日、「米軍慰安婦」として韓国政府の厳しい管理下に置かれ、人権を侵害されたなどとして、1人当たり1千万ウォン(約100万円)の国家賠償を求める集団訴訟をソウル中央地裁に起こした。訴訟を支援する団体によると、「米軍慰安婦」による国家賠償訴訟は初めてという。
 慰安婦たちは「基地村女性」と呼ばれ、1960~80年代、韓国政府が在韓米軍維持などのために売春を奨励したほか、性病検査も強制していたとされる。
 実際、96年まで慰安婦の「性病管理所」が存在していたことが確認されており、女性団体が政府に対応を求めていた。
 この問題はこれまで国会でもたびたび取り上げられ、政府も施設の存在を認めていたが、「旧日本軍の慰安婦」ほど注目されていなかった。
 昨年11月の国会では、野党議員が朴正煕元大統領の決裁署名入りの文書記録を基に政府を追及。それによると、基地村は62カ所あり、「米軍慰安婦」は9935人いたという。
 昨年の国会質疑では、韓国政府は当時、女性らを「ドルを稼ぐ愛国者」として何度もたたえたとされている。朴元大統領が直接管理していたとする指摘もあり、今後、長女の朴槿恵大統領が野党や訴訟支援勢力から追及される可能性もある。


 記事にある通り、米軍慰安婦自体は昔から話題にはなっていたが、彼等にとっての敵は日本であるため、日本に対する糾弾は行っても、米軍慰安婦には光があたって来なかった経緯がある。今回、この集団訴訟によって、原告団は日本政府に並んで朴槿恵、オバマ米政権に対し、国際社会に広く訴えるという挙に出たのだ。

 正直なところ、この動きは大歓迎だ。日本だけが矢面に立たされてきた慰安婦問題が、米国の登場によって相対化される可能性もある。日本に強く当たることを政権のエネルギーとしてきた青瓦台の足元で火がくすぶりだしたことによって、朴の反日外交に歯止めがかかる可能性もある。もっとも歓迎すべきは、問題が大きくなるに従って、南鮮が米国世論を敵に回す可能性があることだ。

 日本の工作機関が存在し、こういう訴訟を起こさせるような欺瞞作戦ができたら大喝采だが、さすがにそういう動きはないだろう。ただ、南鮮民族の下半身の緩さにまつわる歴史問題は、ライダイハン、コピノと数多く、日本が工作せずとも、訴訟のネタには事欠かないだろう。今後が楽しみである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/06/27 07:32 ] 外交 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ