FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年06月25日

「河野談話の無力化」だけではおさまらない南鮮との関係

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先日の「そこまで言って委員会」に金慶珠が出演していて、南鮮民族の対日観について、「我々(南鮮側)はなにもしていないのに、何故日本は挑発を続けるのか」という思いを持っているというような趣旨の事を言っていた。もし金慶珠が南鮮における実情を正確に表現してたとしたら、南鮮民族はまさに救いようが無い者たちだと言える。

 南鮮側が何もしていないとは恐れ入る。李明博の竹島不法上陸や天皇陛下侮辱発言は、日本人の反韓に火を付けたが、何もその時点で突然着火したわけではない。彼等の日頃の行いである、日の丸を焼くこと、政治家等の顔写真を焼く事に始まり、日本大使館に汚物を投げ入れたりすることは、我々日本人の目から見て、挑発以外の何ものでもないはずだ。それに加え、捏造慰安婦の碑を外国に建立すること、旭日旗に対する不当な評価、日本海の呼称を改竄する事、日本の政治家の入国をテロリストと同じ理由で拒否することなど、彼等の振る舞いは常軌を逸している。「なにもしていないのに・・・」などと考えられるとしたら、国と民族が救いようのないレベルまで病んでいることの証である。

朝鮮人の反日病

 日本における反韓は、南鮮の反日言動に対する遅すぎたカウンターといえるだろう。我々日本人は、基本的な文化のなかで、人を憎むことを教えられていない。それどころか、和の精神を尊び、極力対立を避けたがるのが日本人の特性だと言えよう。それに対し、南鮮の反日は主義化している。彼等はイズムで動くのである。

 福田恒存は、論文「私の保守主義観」の中で、「保守主義はイデオロギーとして最初から後れを取っている。革新主義に対してつねに後手を引くように宿命づけられている」と言っているが、この構図はまさに日本と南鮮の間に横たわる反感の関係と同じだ。南鮮の反日は常に先を行き、先鋭化し、日本人の反韓感情は後手を踏むような仕組みになっているのだ。福田流に言えば、「敵に攻撃されて初めて自分を敵視する敵の存在を確認する」ということである。勿論、反韓感情を持つ人は以前から少なくはなかった。だが、平和ボケした日本人を含めて、南鮮による反日言動が度を遥かに越したことで、日本人の大多数が「敵を確認した」のである。急激な反韓感情の上昇、嫌韓本ブームなどは、こういうロジックが機能した結果だろう。

 反日イズムに染まる南鮮人に、ツールとして提供されたのが、河野談話であり、村山談話だ。日本政府の河野談話検証を受け、南鮮側は「慰安婦白書」なるものを発行するそうだ。白書とは一般的に、政府が各分野の現状と課題をまとめ、報告書の形で国民に提示する公文書を言う。国家ぐるみで日本叩きを“改めて”行うという宣言だ。だが、この白書は自国民向けのものではなく、対外広報のひとつとして利用されるはずだ。南鮮は既に、慰安婦関連資料の研究を支那と共同で行う事を公表しているし、26日までワシントンで開催されている米韓の副部長級会談でも慰安婦問題を正式に議題提出するという。

 このような南鮮の反応は、当然ながら、予想できたことである。彼等にとっての河野談話とは、彼等が日本にたかり、日本を跪かせる教典のようなものだ。その教典の根底を覆すような動きを、彼等が許容できるわけが無い。「検証するが見直さず」というのは日本の南鮮に対する配慮かもしれないが、当の南鮮側にとって、検証も見直しもそれほど変わらないのだ。

 南鮮は既に対外情報戦を準備している。我が国が談話の検証だけで言動を留めていれば、南鮮は今まで以上のエネルギーをもって、捏造慰安婦史観の散布活動を展開するだろう。米国に、「日本はよく検証でとどまった」と褒められるかもしれないが、世界世論に屈する確率は上がるのだ。「河野談話の無力化」だけで終わらせてはならない理由は、そこにある。情報戦には情報戦で抗することが、何よりも必要なのだ。時間はかかるだろう。だが、検証だけで足を止めてはならないのだ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/06/25 08:09 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ