FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年06月22日

「談話に疑義を挟むな」と主張する朝日新聞に報道メディアの資格なし

← 応援クリック、ありがとうございます。

 河野談話の作成過程が白日のもとに晒された日の翌日、河野洋平は山口市内で講演し、「報告書には引くべき所も足すべき所もない。すべて正しい。日韓関係を良好なものにするために談話を出した」と語った。慰安婦問題に関する最大の争点は旧日本軍による強制連行 ―― いわゆる「強制性」 ―― だが、河野自身の強制性の定義は、非常に恣意的かつお粗末なものだった。

 戦時中の軍施設内に慰安所があったのは確かなこと。慰安婦の中には自分からやってきた人もいるかもしれません。誰かに連れて来られた人もいるかもしれません。だけど慰安所に入ったら「私はここで働きたくないので帰る」と言っても軍の指揮下なので帰ることはできませんよね。命令によって拒否はできない。ならば強制的なものとみるべきでしょう。


河野洋平

 苦しい捻じ曲げだが、慰安婦への聞き取り調査以前に談話の案文が出来ていて、聞き取り調査そのものがいわゆるセレモニー的なものであったことを考えれば、「帰ると言っても帰れない」ことが強制だというのは後付けでありこじつけであると断定せざるを得ない。河野は、国会で、国民の前で、国民すべてに理解できるような言葉で説明すべきだろう。

 河野談話には、河野洋平以外に国内の主役級が存在する。捏造本を出した吉田清治はもとより、今までの「従軍慰安婦像」をつくり上げた朝日新聞、自称慰安婦へ訴訟と運動を持ちかけた高木健一、福島瑞穂などの人権派弁護士などである。中でも、朝日新聞の罪は、限りなく重い。

 朝日新聞の21日の社説を読む限り、朝日は事実を探るなと言っているのだ。

慰安婦検証―問題解決の原点に返れ (朝日新聞社説 2014年6月21日)

 もう談話に疑義をはさむのはやめるべきだ。
 報告書は、河野談話やその後の「アジア女性基金」について、韓国政府が一定の評価をしていたことも明らかにした。
 韓国にすれば、日本側から秘密にしようと持ちかけられていたことである。それなのに了承もなく、一方的に公表されるのは信義に反することになる。
 報告書に韓国政府は猛反発し、せっかく始まった日韓の外務省局長級協議も中断する可能性が出てきた。
 また、韓国政府は「国際社会とともに対抗措置をとる」とも表明した。
 慰安婦問題が日韓の大きな懸案に浮上して、四半世紀がたとうとしている。
 この間、両政府関係者やNGOなど多くの人々が関わってきた。だが、もっとも大切なのは元慰安婦たちの救済であることは論をまたない。
 韓国政府に登録した元慰安婦の生存者は54人になった。
 日韓両政府に、互いをなじり合う余裕はない。河野談話をめぐって「負の連鎖」を繰り返すことなく、今度こそ問題解決の原点に返るべきだ。
(以上、抜粋)


 「もう談話に疑義をはさむことはやめろ」というのは、その疑義が事実を探求する行為であっても、談話で確定した史観を維持すべきだという論である。嘘でも良いから談話を変えるなという主張に等しい。これは、事実を報道する使命を負う報道メディアが、最も取ってはいけない姿勢ではないのか。

 「最も大切なのは元慰安婦たちの救済」ということも間違いである。日韓基本条約によって、両国にまたがる問題は完全かつ最終的に解決されている。慰安婦を救済したいというなら、自称慰安婦らの救済は南鮮の責任だ。「論をまたない」というのも、また、朝日の勝手な主張である。

 朝日が言う「問題解決の原点」は、いわゆる従軍慰安婦なるものが実在し、その慰安婦らが日本軍の強制によって辛酸を舐めたという前提に成り立っていると思われるが、その前提が覆っているからこそ、いま河野談話が問題視されているのだ。

 河野は21日の講演で、元慰安婦の証言を巡り、裏付け調査を行わなかったという指摘について「被害者の話を聞いて初めて、加害者の考え方をきちんと言うことができる」と強調したという。順番が逆である事は置いても、河野の脳の中には、やはり日本軍が加害者であるという前提があるのだ。朝日新聞の「原点」と同じである。慰安婦問題に手を突っ込み、かき混ぜ、日本と日本人の名誉を棄損することだけに汗をかいて来た朝日新聞には、「検証レポートに正面から向き合う」姿勢を求める。当然ながら、河野同様、朝日新聞の責任者の国会招致は必須である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/06/22 09:19 ] メディア | TB(0) | CM(8)
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ