FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年05月16日

集団的自衛権容認へ ~ 戦後レジームへの小さくも重要な楔

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)が提出した報告書を受け、安倍首相が昨日会見を開き、集団的自衛権行使容認への強い意欲を語った。 石破幹事長が言うとおり、「歴代内閣がやらなかったことについて法整備を進めるということで、極めて大きな意味がある」。安倍首相には保守派からも色々批判はあるようだが、一昨年の自民党総裁選で石破もしくは石原らが総裁になり、その後首相になったとしても、このような行動が取れたかは甚だ疑問だ。憲法解釈の変更が歴史的事業だと言うこと自体は、ある面では嘆かわしいが、それでも歴代内閣が為し得なかった事業への取り組みであることには変わりなく、いち内閣が倒れてもおかしくないビッグイシューなのだ。

安倍首相の会見

 そもそも解釈を変更するということは、それ以前に誰かが解釈したということだ。集団的自衛権がNGと解釈する者もいれば、OKと解釈する者もいる。自衛権の行使というのが憲法解釈によって成り立っているのだとしたら、解釈変更そのものは批判されるべきことではない。

 集団的自衛権の行使を容認したら、日本が「戦争ができる国になる」というお莫迦さんが多い。だが、個別的自衛権を有する時点で、立派に「(自衛)戦争ができる国」なのである。集団的自衛権の行使を容認した途端に日本が戦争に加担するようになるというのは、武器を持ったら人を殺すという飛躍した論理と大差ない。ただの感情論で国防を語るべきではない。社民党や共産党がウケないのは、そういう妄想にすがって民意を味方につけようとするからで、彼等が我が国、我ら国民の生命や財産を守ってくれるという実感を、国民が持てないからだ。

 大分前に、「集団的自衛権を学ぶなら『桃太郎』を読め」という趣旨のエントリーを書いたことがあって、いくつか批判的なメールを受けた事がある。桃太郎は、悪事を働いて村人を困らせる鬼を退治するために、犬、キジ、サルとともに集団的自衛権を行使した。乱暴に言えば、桃太郎が単独で鬼退治に行けば、それが個別的自衛権、犬、キジ、サルと共同で事に当たれば集団的自衛権だ。この場合、桃太郎を批判するのは日教組の変態教員ぐらいで、一般的な解釈の上では、桃太郎は英雄である。日教組は「鬼の立場に立って考えてみよう」という風に善悪のストーリーをこねくり回し、勧善懲悪の概念を隠そうとする。けれども、目の前で支那が我が領土を奪おうとしている時に、「支那や共産党の立場に立って考えてみよう」と主張したらどうなるか。

 集団的自衛権行使容認 ⇒ 戦争になる ⇒ 侵略国家になるという無理筋なロジックが発展すると、ここ(桃太郎論議)に書かれているような「桃太郎は侵略者」という突飛な発想になる。朝日新聞をはじめとするサヨクメディアが、執拗なまでに読者の感情に訴え、醸しだそうとしている忌避感はこれと同質であり、とても建設的とは言えない。

 集団的自衛権の行使容認は、憲法改正から見れば、小さな楔かもしれない。だが安倍首相は、この政治イシューにおいて、小さくも非常に重要な楔を戦後レジーム目がけて打ち込もうとしている。特定秘密保護法で「安倍の葬式」を出し損ねた朝日新聞およびサヨクメディアは、今度こそはと大反対キャンペーンを張るだろう。それこそ、望むところだ。彼等の空想的平和論を粉砕する絶好の機会と捉え、戦後サヨクの葬式を出すまで戦おう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/05/16 07:34 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ