FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年03月25日

支那・朝鮮による日本との友好は、日本の両国への隷属化を前提としている

← 応援クリック、ありがとうございます。

 25日の日米韓首脳会談に先立ち、支那と南鮮という、東アジアの病巣がバイの首脳会談を開いた。席上、習近平は、「私が(安重根)記念館建設を指示した。両国国民の(安重根への)思いを強め、(中韓の)重要な結び付きとなる」と朴槿恵に反日連合の誘い水を向けたが、こともあろうに朴は、「両国国民から尊敬される安重根義士をしのぶ記念館は、友好協力の象徴になる」と応じた。メディアの指摘以前に、支那の狙いが日米韓関係へのくさびを打ち込むことであるのは、国際情勢に少しでも興味を持つ人なら既に理解しているだろう。まして、南鮮の外交部が理解していないはずはない。

 朴槿恵にとっては、米国から「歴史問題は持ち出すな」という指導を受けた手前、この中韓会談を反日をアピールするための絶好の機会だと考えたのだろう。反日を政治エネルギーとし、支持率に繋げる、南鮮ではお約束の方向性だ。だが、自国の安全保障環境を考えれば、支那とすり寄ることは南鮮の自滅を意味する。オバマがセッティングした日米韓首脳会談は、まさに三国連携による安全保障を確認する会談であったはずだが、その会談の前日に、真逆の政治姿勢を見せたのだ。いくら事大主義を是とする国家であるとはいえ、南鮮は一応、西側陣営に籍を置いているはずだ。その南鮮が支那にすり寄れば、支那の思うつぼ。東アジアの安全保障環境は、南鮮によってバランスを欠いたものになる可能性が大なのだが、当の朴はそのことに気づきもしない。鈍感というより、白痴である。

朴槿恵と習近平

 そもそも、テロリズムという国際犯罪を犯した犯人を義士と崇め、価値観を共有すること自体が異常である。もともと異常な二国であるから、今さら何をやっても驚きはしないけれども、「テロリストを媒介としての友好」を提唱する国家リーダーが、世界標準から著しく逸脱することは明白だ。菅官房長官は、この件に関し、「重層的で未来志向の日韓関係を築き上げていくために、お互いより前向きな姿勢で対応していくことを強く望んでいる」とのコメントを発表したが、これが朴の心に響くとは思えない。友好などなくてもいい。だが、地域の安全保障を揺るがすような行為は、東アジアに存在する当事国として、断じて許すことはできない。

 仮に支那や南鮮が我が国との友好関係を望んでいるとするなら、それは日本の両国への隷属を前提とした友好なのだ。対等な関係など、彼等は微塵も考えていないのである。だが、その代償として、南鮮が再び支那の属国化するという現実を、朴自身が理解していない。反日と自国の主権維持を天秤にかければ、どちらを死守すべきか明白であるにもかかわらず、日本に対する恨(ハン)ゆえに真っ当な判断もできない朴槿恵。彼女の発狂は、既に救済レベルを超えており、もう救いようがない。

 日本外交は、この発狂大統領の本性を見据えたうえで、冷淡な外交を展開すべきである。それは既に外務省のコリアスクールの範疇を超え、NSCで判断すべきレベルの問題だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/03/25 07:32 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ