FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年03月16日

政府の河野談話見直し否定と、談話否定派が取るべき行動について

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍首相が河野談話見直しを否定したことについて、世論が揺れている。安倍首相は、この談話について、「筆舌に尽くしがたい、つらい思いをされた方々のことを思うと非常に心が痛む。そうした思いは私も歴代総理大臣と変わりはない。安倍内閣で河野談話を見直すことは考えていない」と淡々と感情を抑えて述べ、河野談話の作成過程での検証はするも、談話の見直しについては否定した。メディアの中でも数少ない安倍政権支持派である産経新聞ですら、この答弁を批判している。

河野洋平
戦後日本の国賊、河野洋平

 この答弁は、昨日書いた斎木外務次官の訪韓とセットである。日本政府が米オバマ政権に対して、日米韓首脳会談を積極的に進める姿勢を示したアリバイづくりであったというのがブログ主の私見。南鮮側は「誠意が感じられない」と批判するが、そもそも外務次官の訪問で誠意云々を期待するほうが間違っている。南鮮を訪れる政府関係者全員もれなく、謝罪の意を示せという居丈高な姿勢だが、こういう発言で青瓦台の困惑を悟られないようにしているのだ。安倍政権はオバマに貸しを作り、ボールは南鮮政府側に投げられた。

 拙ブログの読者の方々には、河野談話を踏襲せよと迫る談話ポジティブ派はおられないが、一方でネガティブ派のなかでも、談話否定論と消極的容認論(否定は困難、不可能)という意見に別れるようだ。私はもちろん否定だ。だが、慰安婦(comfort women, sex slave)という嘘が意に反して世界世論に浸透している現状では、黒を明日突然白にできない現実は踏まえておかなければならないと考える。

 本件に関する国会での活躍が評価されるべき日本維新の会。維新の会が主導する署名活動に関しては、政府の談話見直し否定見解が出たことで、国民の側から「いくら署名しても無駄じゃないか」、「今回は協力しない」、「所詮維新の名簿集めに使われるだけでは」というようなクレームも寄せられているという。非常に短絡的な反応と言わざるを得ない。既成概念を打破する過程で、克服すべき問題が生じるのは当たり前だ。このような反応に対し、山田宏議員は、「今の政府はそう言わざるを得ない。これは仕方が無いこと。きちんと事実が出てきた時点でまた、対応が変わってくるのではないか。」と述べたそうである。河野談話を揺るがす動きが出た以上、これを止めることは、河野談話への服従を意味することになるのではないか。

 河野談話は、南鮮や支那の活動家グループによってつくられた世界世論の上では、極めてデリケートな問題である。人権派リベラルのオバマ政権にとっても、この問題は無視できるものではないだろう。従って、日本政府としてこの談話を扱う上では、細心の注意と時間を要する。そのプロセスの中で、談話発表の過程の検証作業とう現政府のアクションがあり、それを公表することで、河野談話を実質的に無力化するという作戦に出たと解釈すべきだろう。遅々とした進みだが、後退しているわけではない。そして、談話の否定や新たな官房長官談話を発信する原動力となるのは、民意であり署名である。性急な問題解決を迫るのではなく、今は国民が政権の縁の下の力持ちとなるべき時であろうと、私は考える。

署名がまだまだ足りない。一筆でも多くの署名を!
↓↓↓
中山なりあき Official Web Site
河野談話見直しを求める国民運動署名について


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/03/16 10:36 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ