FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年03月12日
月別アーカイブ  [ 2014年03月 ] 

震災から3年 ~ 陛下の目線と朝鮮人の目線

← 応援クリック、ありがとうございます。

 天皇皇后両陛下が、東日本大震災の犠牲者の追悼式に出席され、天皇陛下は「国民が心を一つにして被災者に寄り添うことが大切だ」と述べられた。全く隙のない文章の中に、深いご慈愛が溢れたこの御言葉をを転載させていただくことで、本来は今日のブログエントリーは終わりである。

天皇陛下のおことば全文

本日、東日本大震災から3周年を迎え、ここに一同と共に、震災によって失われた人々とその遺族に対し、改めて深く哀悼の意を表します。
3年前のきょう、東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波は、2万人を超す死者、行方不明者を生じました。
今なお多くの被災者が、被災地で、また、避難先で、困難な暮らしを続けています。
さらにこの震災により、原子力発電所の事故が発生し、放射能汚染地域の立入りが制限されているため、多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされています。
いまだにみずからの家に帰還する見通しが立っていない人々が多いことを思うと心が痛みます。
この3年間、被災地においては、人々が厳しい状況のなか、お互いの絆を大切にしつつ、幾多の困難を乗り越え、復興に向けて懸命に努力を続けてきました。
また、国内外の人々がこうした努力を支援するため、引き続きさまざまな形で尽力していることを心強く思っています。
被災した人々の上には、今もさまざまな苦労があることと察しています。
この人々の健康が守られ、どうか希望を失うことなくこれからを過ごしていかれるよう、長きにわたって国民皆が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います。
そして、この大震災の記憶を決して忘れることなく子孫に伝え、防災に対する心がけを育み、安全な国土を築くことを目指して進んでいくことを期待しています。
被災地に一日も早く安らかな日々の戻ることを一同と共に願い、み霊への追悼のことばといたします。

御言葉を述べられる天皇陛下 2014-03-11

 繰り返すが、本来、この陛下の御言葉のみで今日のエントリーは終わりにすべきだと思う。ただ、どうしても腹の虫がおさまらない半島からの報に触れるに至り、それ以上のことを書かねばならないと思った。

大震災から3年 日本に慰労のメッセージ=韓国外交部(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は11日の定例会見で、東日本大震災から3年となることを受け、「(犠牲者の)遺族や日本国民の皆さんに対し、韓国国民の深い慰労の言葉を伝える」と述べた。

 趙報道官は「当時、日本国民が毅然(きぜん)と難局を乗り越えていく姿はわが国民にも深い印象を与えた」とした上で、「両国民が大切な隣人として共に未来をつくっていける環境が一日も早く整うことを期待する」と強調した。

 一方、菅義偉官房長官が慰安婦問題をめぐる旧日本軍の関与と強制性を認めた河野洋平官房長官談話を見直す考えがないと表明したことについて、「言葉より行動が重要だ」として、「日本政府は慰安婦問題の解決に向けて努力すべきだ」と呼び掛けた。

 斎木昭隆外務事務次官が12日に来韓し、両国間の次官協議を行うことについては、「韓日関係が前に進むためには日本側の行動がなければならない」と指摘した。


 一体どれだけ上から目線なんだ、この民族は。しかも、「共に未来をつくっていける環境が一日も早く整うことを期待する」というのは、明らかに、日本側の努力が足りないという示唆である。斎木外務事務次官の訪韓は、日本政府として最大限の譲歩だろう。米国に日本の姿勢を見せるために、敢えて派遣したというのが本音だろうと推察する。外交的に優位に立つためにそれを利用するという浅ましさ。今に始まったことじゃないが、日本人が朝鮮人を嫌いになるための努力を日々重ねているとしか思えない。

 慰霊祭に出席した南鮮の李大使は「政治と震災犠牲者の慰霊は別次元の話だ」と言ったそうである。しかし、南鮮大使は昨年の慰霊祭を欠席している。欠席の理由は「事務的なミス」という見え透いたもので、「招待のファックスが英語だったので、大使館員が重要なものと思わずうっかり捨てた」という内容だ。外交に携わる外交官が、英語のファックスを読まずに捨てるということなど、到底考えられない。これは明らかに、外交上の政策としての欠席だったと見るのが自然だ。おまけにOBSというテレビ局は、「確認しなかった日本が悪い」と責任転嫁をする始末。

 「政治と震災犠牲者の慰霊は別次元の話」というのであれば、昨年の欠席と辻褄が合わない。こんな国の大使に慰霊などしてほしくないと思っている国民は少なくない筈である。

 天皇陛下の御言葉は、避難所などへの慰問で示された姿勢と通ずる、国民と同じ目線で語っておられるものだ。「国民皆が心を一つにして寄り添っていくこと」を、両陛下はまさに行幸啓で自らお示しになった。対比するのもおぞましいが、それに引き換え南鮮の乾いた“慰労”などという言葉は、前後の文脈を併せ読むと、何かしら居丈高な意味合いを持って伝わる。私がひねくれているからか。

 ご皇室の有難さを実感するとともに、引っ越ししてくれない隣国の存在を疎ましく思う一日となった。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/03/12 07:31 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ