FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年03月02日
月別アーカイブ  [ 2014年03月 ] 

南朝鮮人が酔う自国の「独立」物語は嘘ばかり

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日3月1日は、朝鮮における独立運動の「3・1独立運動」を記念する日だという。この運動は、大韓帝国初代皇帝の高宗の死を発端としたのだが、朝鮮民族は高宗の死を、日本統治の被害者としての非業の死と喧伝し、ナショナリズムを煽った。だが、高宗が死去したのは66歳の時であり、今から百年近くも前の時代としては高齢(=寿命)である。ある事象に無理やり物語をくっつけて、それを反日のエネルギーとする彼等の修正は、今も昔も大差ない。

 その記念日における式典で、朴槿恵はこのような演説を発し、南鮮民族の反日を更に煽った。

 韓国と日本は来年、国交正常化から50年を迎える。両国は価値と理解を共有し、北東アジアの平和と共同反映のため、緊密な協力関係を発展させてきた。
 過去の辛い歴史があるにもかかわらず、両国が関係を発展してきたのは平和憲法に基づいて周辺国と善隣友好関係を構築し、「村山談話」と「河野談話」などを通じ殖民支配と侵略を反省し、未来に進もうとした歴史認識があったためだ。
 歴史認識はその国が進むべく未来を示す羅針盤だ。過去の過ちを振り返らないと新しい時代を開けず、過ちを認めない指導者は新しい未来を切り開けないというのは当然だ。
 真の勇気は過去を否定することではなく、歴史を直視し、育つ世代に正しい歴史を教えることだ。日本政府が正しく勇気のある決断を下すべきだ。(以上、聯合ニュースより)


 他国の憲法についてあれこれ言うのは、迷惑極まりない内政干渉だ。何度言って聞かせても分からない駄々っ子のようだが、内政干渉を恥ずべき行為と認識できないのなら、朴はただの阿呆である。そしてこの朴の演説には、真っ赤な嘘が織り交ぜられている。それは、日本と南朝鮮両国の関係発展が、日本の平和憲法、村山談話、河野談話の3つを前提にしているという言説だ。

朴槿恵

 日本と南朝鮮が国交を結んだのは、1965年の日韓基本条約だ。この条約は、朴の言う「過去の辛い歴史」を乗り越えることを合意したもので、簡単に言えば「お互い仲良くします」という、国際社会に対する宣言である。その当時、日本には確かに現憲法が存在していた。だが、河野談話が発表されたのは1993年、村山談話が発表されたのは1995年である。「辛い歴史を乗り越えて仲良くする」合意に、このふたつの談話が前提となっているはずがないのである。村山談話、河野談話は、南鮮が後付けで外交の条件としているだけなのだ。

 基本的な歴史を復習するなら、朝鮮は独立を声高に叫ぶけれども、歴史上、自力で独立したことなどないのだ。そして、朝鮮の独立を最初に認めたのは、他でもない日本である。明治9年(1876年)、日鮮修好条規則(江華島条約)は、近代になって朝鮮が外国と結んだ最初の条約だが、この条約の第一条には「朝鮮国は自主の邦にして日本国と平等の権を有せり」とある。そして、日清戦争開戦の詔勅(1894年)でも、「朝鮮ハ帝国カ其ノ始ニ啓誘シテ列国ノ伍伴ニ就カシメタル独立ノ一国タリ」と国際社会に宣言している。日本が日清戦争に勝利したことによって、朝鮮は長い支那の属国から脱することができたのである。

 大東亜戦争終戦後でも、朝鮮は日本から独立したわけでもなく、その独立も他力本願だった。1945年、日本の敗戦とともに、朝鮮は自治権を得た。朝鮮人は総督府に、朝鮮の旗を掲揚した。しかし、米軍が進駐してくると、米軍はその朝鮮の旗を降ろさせ、代わりに日章旗掲揚を命じた。つまり、朝鮮は独立国として認めてもらえなかったのである。

 南朝鮮の独立は、日本の敗戦から3年が経った1948年にはじめて、統治者である米国によって為されたものだ。従って、朝鮮は日本から独立したわけではなく、米国に独立させてもらったという認識の方が正確である。南朝鮮の国是である「日本からの独立」というものは、様々な意味において歴史の歪曲なのである。

 朴槿恵は、「歴史を直視せよと」と、耳にタコができるほど繰り返し言うけれども、本当に歴史を直視しなければならないのは朴と南朝鮮の方である。これが出来ないから、南朝鮮は歴史を乗り越えられず、日本との対話が成立しないのだ。日本と交流したいのなら、「過去を否定することではなく、歴史を直視し、育つ世代に正しい歴史を教える」という勇気ある行動を、先ずは自ら自国で実践してからにするべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/03/02 08:19 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ