FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年02月14日
月別アーカイブ  [ 2014年02月 ] 

オバマが国賓で来なくたって、一向に構わない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 4月に来日が予定される米オバマ大統領ですが、南朝鮮が「我々を無視するな!」とアピールして、訪韓を無理矢理捻じ込んだようです。これによって、オバマの来日は2泊3日から1泊2日に短縮され、国賓としての来日実現に暗雲が立ち込めるという状況だそう。なんでも、南鮮がワシントンでロビー活動を活発化させ、「南鮮に来なければ、日本との関係をもっとこじらせてやる。そうなったら困るのは米国だろ?」と駄々をこね、それにオバマ政権が譲歩したらしい。この恥ずべき隣国の振る舞いには毎度辟易とさせられるけれども、そんな駄々っ子相手に折れる米国外交も、目に見えるほど劣化していると言わざるを得ない。

Obama

 はっきり言えば、オバマが国賓で来ようが来まいが、ちっとも構わない。今、我が国にとっての米国の存在意義とは、極端に言えば、対中抑止におけるプレゼンスの一点でしょう。もちろんTPPという国益のせめぎ合いもあるけれど、安全保障という国家レベルの喫緊課題としてみれば、今の我が国の脅威は、間違いなく支那であり、あえて言うなら支那だけと言ってもいい。支那との関係悪化が顕著な北朝鮮も脅威として存在するけれども、彼らはいま挑発的な行動に出て、それが有事に発展すれば、その有事を戦い抜くだけの国家的体力などありません。南鮮は日本を仮想敵国として捉えているけれども、日本に対して何らかのアクションを起こすことなどできません。それこそ米国が黙っていない。有史以来、脅威であり続けたロシアとの関係は、いま急激に改善に向かっている。要は、支那だけなのです。現時点で安倍外交は、そうのような情勢を作り出すことに関して、勝利していると言ってもいい。

 日米同盟は、正規の国軍を持たず、憲法9条で国防にありとあらゆる足枷をはめられている日本にとって必要不可欠なのは、疑う余地がありません。東アジアの軍事的均衡を維持する装置として、我が自衛隊と在日米軍のコンビは、有効に機能しています。その均衡を破ろうとしているのが支那であることは間違いないのだけれど、その均衡を阻害しようとするもうひとりの犯人は、日本と間接的同盟関係にあるはずの南鮮ではないですか?わざと日本との関係をこじらせておいて、米国の耳目と同情を集めようとする。やることが、情緒不安定な時期の子ども並みなのだけれど、そういうことを恥ずかしげもなくやってしまうことが、彼の国では正当化されるらしい。それに付き合うオバマという人も、あまりに情けない。米国はこんな情けない国家元首を、どうとも思わないのだろうか?

 今回の南鮮による米国へのアプローチは、本質的に、朴槿恵の告げ口外交と同じ文脈で理解すべきです。彼らは南鮮=優、日本=劣というステレオタイプの発想でしか国家間関係を理解できない哀れな国であり、立体的な思考などできません。今回のオバマ引きづり込み作戦も、外交的勝利として賞賛されるでしょう。一方、そんな低レベルの外交に同調し、イニシアチブを発揮できない米国の外交面の劣化も、論評すら厳しい状況まで落ちている。政府は約一年の時間をかけて、オバマの国賓としての招聘を準備してきたらしいですが、そもそもオバマが国賓に相応しいかというと、私は甚だ疑問です。だから、国賓として来なくたって、一向に構わない。日本は、今から「オバマ以後」を見据え、外交を再構築すべきです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/02/14 07:52 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ