FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年01月28日

南鮮与党がNHK籾井会長の辞任を要求 ~ 諸悪の根源は近隣諸国条項だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 NHK籾井会長の会見と、その後のメディア・スクラムによる籾井バッシングについて、もう少し書いてみようと思う。

籾井勝人NHK会長
籾井勝人NHK会長

 会見をつぶさに見ていると、記者連中の、会見慣れしていない籾井氏から何とか失言を取ろうとするモチベーションがひしひしと伝わってくる。狙いはNHK会長と政権の距離の問題にもある。記者連中が籾井氏から引き出そうとしていたものは、第一次安倍政権での「お友達内閣」と同質の人事であるという言質で、それによって籾井氏はともかく、政権を批判しようとする魂胆だと思われる。政権側にスキャンダルがないため、政権を側面から攻撃し、始まったばかりの国会で野党が追及するネタを掘り起こそうとしているのだ。

 記者のレベルの低さは、この会見のビデオを見ていても良くわかる。籾井氏が「まぁこの辺の問題(慰安婦)は、どこの国にもあったことですよね?違います?」と訊ねられた記者は、「あ・・オレに質問してんすか?」と返していた。(下のビデオの9:00あたり) このような拙い国語でしか受け答えできない記者が、毎日宅配・放送されるニュースを伝えているのだ。眩暈を覚えそうだ。

 この一件に関する菅官房長官の対応ぶりは見事だ。

NHK会長「慰安婦」発言、菅長官「問題ない」 (読売)

 この発言について、菅氏は「会見の様子を私も(ビデオで)見た。本人は『コメントしない』とずっと言っていたようだが(記者側から)『どうしても』ということで『個人としてであれば』と言った。その後で(記者側から)『個人(の見解)というのはあり得ない』と言われ、『会長としてであれば取り消す』と言った」などと経過を説明し、「初めての会見で、会長としての発言と個人の意見の整理がついていなかった」との見方を示した。(抜粋)


 実にあっさりと、そして落ち着いて、メディアの籾井批判を退けている。だがそうは問屋が卸さない。支那も反応したが、それに輪をかけるかたちで、全南鮮メディアが火病を発症している。

籾井勝人NHK新会長の発言は「自分は豆粒ほどの知識も知らない無知な人間」と言っているのと同じだ。(朝鮮日報)

ドイツの公営放送ARDとZDFの会長が、ナチスのユダヤ人虐殺について「ドイツでなくとも多くの国の軍隊が戦争中に民間人を虐殺した」として責任を回避するならば、彼は会長職にとどまることができるだろうか。(中央日報)


 今回の会見では、籾井氏の「個人的な」見解の中で、南鮮が名指しで批判されているため、この民族の反応としては予想の範囲内だったが、もっと笑える反応もある。下記の記事だ。

韓国与野党 NHK会長の慰安婦発言を一斉非難 (聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】NHKの籾井勝人会長が旧日本軍の慰安婦問題に関し「どこの国にもあった」と発言したことに対し、韓国与野党が謝罪と同会長の辞任を求めた

 籾井会長の発言翌日の26日、元慰安婦のファン・グムジャさんが死去している。与党セヌリ党の黄祐呂(ファン・ウヨ)代表は27日の最高委員会議で、「セヌリ党は全国民と共にファン・グムジャさんの冥福を祈り、常に忘れず、日本が反省と謝罪をするよう最善を尽くす」と述べた。

 李恵薫(イ・ヘフン)最高委員は「ファンさんが最後に聞いた日本の要人の発言がNHK会長の妄言だったことを思うと、胸がつぶれる」とし、籾井会長に韓国国民への謝罪と会長辞任を促した。鄭宇澤(チョン・ウテク)最高委員は日本の右傾化に懸念を示しながら、韓国外交当局の積極的な対応を求めた


 南鮮の国会議員(しかも与党)は、自分たちの力が及ぶはずがない他国の放送局の代表に、「辞任せよ」と迫っているのである。単なる内政干渉という言葉では片付けられない異常さだ。例えば、中央日報のキム・ジンというバカ記者が「原爆投下は神の思し召し」という醜悪な記事を書いた時、日本からは一斉に非難の声があがったが、その中に「この記者を辞めさせろ」という主張を見たことがない。本気で他国の企業のトップを辞めさせられると思ってるとしたら、朝鮮人の火病=精神疾患は、救いようがないレベルまで来ている。

 南鮮民族のこのような発想の根拠となっている原因のひとつは、日本の歴史教科書の近隣諸国条項である。彼等はこの近隣諸国条項によって、日本の教科書への介入という成功体験を得た。声高に叫べば、「自分たちの主張を他国の教科書に反映できる」と本気で考えているし、日本の歴代政府は、近隣諸国条項を破棄しないことで、事実上その干渉を容認してきたのだ。

 従って、内政干渉を無力化するためには、まずは近隣諸国条項の破棄が先決である。騒げば何でも通ると思っている彼の民族に、内政干渉という言葉の意味を理解してもらうためにも、臭い匂いは元から絶つべきである。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/01/28 07:29 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ