FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2014年01月19日

舛添要一の「過去の実績を誇示しつつ過去に拘るな」というダブスタ。被災者にも逆ギレ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 細川自身が炎上マーケティングを画策しているのか、都知事選を巡るメディアが取り扱う立候補予定者のなかで報道が集中するのは細川護煕であるようだ。猪瀬前知事の金銭スキャンダルの直後に、その後継を目指す人物がもっと醜い金銭疑惑を抱えているのだから、槍玉にあがるのは当然だ。しかも、唯一の政策と言っていい「脱原発」での軸足も定まらない。民主党や結いの党のように、政策を公表できない候補者に対する応援を公言する政党が出てくるのだから、奇怪である。

 4期、9年半に渡って都政を仕切った石原慎太郎氏の前の都知事は青島幸男である。青島の最大の公約といえば世界都市博覧会の中止だったが、他にめぼしい公約はなく、その都市博の中止は建設業を不況へ導き、建設会社の相次ぐ倒産という負の連鎖を誘発するだけに終わった。シングルイシューの怖さについて、都民は記憶を呼び起こすべきである。首都の統治者にとって、課題は山積しているのである。エネルギー問題のみで当選しようとするなら、それは明らかに安直と呼ぶべき愚行だ。

 自民党が支援を約束した、もうひとりの“有力”候補である舛添要一だが、ネットにアップされた酷い画像が話題を呼んでいる。
韓国のために頑張れますぞえよういち先生
「韓国のために頑張れますぞえよういち先生」
「韓国民団と仲良しますぞえ先生を都知事に」
「学会員と舛添先生を応援しよう」
「舛添先生を応援しないと仏罰くだる」

 これは、民団が舛添を積極的に応援しようとしているのではなく、恐らくアンチ舛添によるネガキャンの一種だと思われる。「朝鮮人の子」という噂も含め、選挙戦にはネガキャンが付きものだ。当の舛添は「良くないね…ホントひどいよ。過去のことより前を向く方が大事。でも、どうするか、対応は考えています」(以上、東スポ)と答えているそうだが、これが「過去に拘るな」という主張なら都合が良すぎる。この民団を装った(?)舛添支援は、過去の舛添の政治スタンスに対するアンチテーゼなのだ。その最たるものが、外国人参政権容認論である。公式サイトで「厚生労働大臣時代の経験を生かし」と過去をアピールする人物が、都合の悪い過去を消そうとする、ダブスタの一種だ。「未来志向」と「過去の歴史」を併用する南鮮と同じ手法である。

 興味深い記事を見つけた。「くまっしぃブログ」さんの17日のエントリー「何しにきたの? 舛添さん」に、伊豆大島を訪れた舛添の動向がレポートされている。要約するとこうだ。

被災者:「伊豆大島に来られるのなら、ぜひ被災者の会の事務局を訪れて下さい。」とTwitter等で要望

朝からずっと待てど暮らせど、避難住宅にすらやってくる気配なし。舛添が帰る船の時間に、港の待合所に行って待つことに。

女性被災者:『被災者の会からのお知らせ』(会報)を手渡し、「被災者の会というのを作っていますので、これを読んで下さい。」と訴える

舛添「はい。今、見てきましたから。」とぶっきらぼうに答える

男性被災者:「なんで、被災者の声を聞きに来てくれないんですか?いったい大島に来てどこをまわってきたんですか?」

舛添:「被災地を見てまわってきたし、被災者の声を聞いてきましたよ。」
(献花台へ行った時に、その近所の被災者数人とだけ話をしたというのが実情)

男性被災者:「被災者の会にも来ないし、避難住宅にも来なかったじゃないですか?被災者の声を聞いて下さいよ。」

舛添:「聞きますよ。今、言って下さい。」

被災者:「そうじゃなくて、避難者が暮らす避難住宅にも来ないで、それで被災者の声を聞いたなんて言えるんですか?聞いてないじゃないですか。」

舛添が逆上。「聞いたって言っているでしょう!!失礼でしょうが!!」


 さて、これが「都市の発展と一体となった防災対策(公式サイト:政策)」を掲げる候補として相応しいだろうか。

 一方、田母神陣営にとっては好ましい面も表れつつあるようだ。

ラジオ日経 都知事選アンケート

 ラジオ日経のアンケート調査結果だが、83%が田母神支持。他の候補を圧倒している。これは、間違いなくひとつの良い結果であるが、田母神支持層はこの結果で有頂天になってはいけない。どう見ても、田母神氏が無党派層に浸透しているとは言い難い。田母神氏に関する報道の量は極めて少ない。都知事選の行方は浮動票が握っていることを考えれば、より一層の宣伝・マーケティングの広がりが必要だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/01/19 10:03 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ