FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年12月23日

奉祝 天長節 ~ 「五内為ニ裂ク」という御言葉を噛みしめよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 謹んで天長節をお祝いし、今上天皇の誕生日をお祝い申し上げます。

天皇陛下

 今日23日の天皇誕生日に、朝刊で今上陛下のことに触れた主要新聞は、読売と中日(東京)新聞のみであった。読売の主張は、陛下のご高齢を鑑み、ご公務軽減を検討すべきと言うもので、筋が通った内容だ。実際、宮内庁のウェブサイトにある「この1年のご動静」を読めば、御公務の内容、密度、頻度など、全てにおいて圧倒されてしまう。

 一方の中日新聞の社説は、陛下の御心情を都合よく忖度する、酷い内容である。

天皇誕生日 深まる国民とともに (東京・中日新聞)

 天皇陛下は傘寿、八十歳の誕生日を迎えられた。長い道のりを顧みてのお言葉から浮かび上がるのは、戦争への悲痛な思いと平和への願い、そして年々に深められる国民とともに歩む姿だ。

 誕生日恒例の宮内記者会との会見。この八十年を振り返って、陛下が最も印象に残っていることとして挙げたのは先の大戦。小学校入学時は既に日華事変、最終学年で太平洋戦争の終戦。陛下は戦争での犠牲者が三百十万人だったとの数字を挙げ「さまざまな夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと本当に痛ましい限り」と述べた。

 陛下にとって先の戦争での国民の犠牲は昭和天皇から引き継がなければならなかった負の遺産。終戦記念日、広島と長崎の原爆忌、東京大空襲、沖縄慰霊の日。皇后さまとともに続ける戦没者への慰霊の旅からは、負の遺産の償いきれぬほどの重さが伝わってくる。

 それゆえの平和。「平和と民主主義を守るべき大切なものとして、日本国憲法をつくり」「わが国の人々が払った努力に深い感謝」「知日派の米国人の協力も」。お言葉の端々に平和への強い願いと深い思いがこもっている。

 「天皇という立場にあることは孤独とも思えるもの」と陛下。その孤独の一端が、国民の圧倒的多数が戦後世代となり、戦争の悲惨も平和の尊さも知らなくなってしまっていることにあるとしたら、戦争に至った昭和の歴史や日本国憲法の制定過程はあらためて学び直さねばならないだろう。国として国民として忘れてはならないからだ。

 象徴天皇としての在り方を探ってきた陛下は、国民とともにあることを一段と深めているようにみえる。ことしも東日本大震災の被災者を見舞い、十月、初めて訪れた熊本県水俣市では水俣病患者と懇談、差別を恐れて病気を隠してきた患者に「真実に生きられる社会をみんなで」と異例の言葉をかけた。そして、自らの葬儀は、国民の生活に影響しないよう、陵の規模は小さく、土葬から火葬に-とも。それは理想とされる古来の天皇、無私の存在に通じるといわれる。

 年三百を超える公務、宮中行事。天皇、皇后両陛下が八十歳代となる再来年からこどもの日と敬老の日の施設訪問は若い世代に譲るという。皇室の未来のためにも公務は引き継がれ、宮家存続も考えられなければならないだろう。


 マスメディアには、影響力が大きい人物たちの言葉のなかで、自分たちのイデオロギーに合致する部分だけを切り取り、「この人物はこう言っている」と書くことで、自紙の主張の裏付けとする習性がある。天皇陛下のご発言を、今朝の中日新聞は反戦というイデオロギーを肯定するために利用した。

 今上陛下は、会見でたびたび、この先の大戦にかかわる痛ましき御心情を述べられている。これは、昭和天皇が終戦の詔勅で語られた「帝國臣民ニシテ 戰陣ニ死シ 職域ニ殉シ 非命ニ斃レタル者 及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ 五内為ニ裂ク」(口語訳:日本国民であって前線で戦死した者、公務にて殉職した者、戦災に倒れた者、さらにはその遺族の気持ちに想いを寄せると、我が身を引き裂かれる思いである。)というお言葉を踏襲されたものと考えられる。昭和天皇も今上陛下も、この「五内為ニ裂ク」を繰り返し、口語で仰られている。しかし、終戦の詔勅において、恒久の平和を祈念されているけれども、先の大戦が間違っていたなどという御言葉はない。いま、ご皇室は詔勅をお出しになる自由を奪われおり、御心情はこういった会見や御製で伺い知る他ないのだが、中日新聞の社説は、陛下の御心情を勝手に忖度した甚だ無礼なものと言わざるを得ない。

 国民とともにあるご皇室は、国民の喜びも苦労も、共に分かち合うという姿勢を堅持されている。その想いが「五内為ニ裂ク」に表わされていると、私は考える。

 今上陛下と皇后陛下の末長いご健康を、心からお祈りします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/12/23 12:32 ] 皇室 | TB(1) | CM(3)
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ