FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年12月22日

“泥棒国家”南朝鮮、今度は日本の海女文化をかすめ取ろうと画策

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本人は何故朝鮮民族、わけても、南朝鮮人のことが嫌いなのか。その理由はいくつもあり、半島から連日流れてくる報道に接すれば、彼等を嫌悪する理由にネタ切れを起こする事はない。ただひとつ、これだけは間違いないと思われるのは、南朝鮮人の盗人猛々しさである。

 日本では、NHKテレビドラマ「あまちゃん」の人気を追い風に、来年1月には三重など8県知事による「全国海女文化保存・振興会議」が発足し、日本の海女文化をユネスコの無形文化遺産へ登録しようという、「政治側の動き」も広がりを見せている。「あまちゃん」が放送される前の2009年から、日本で開催されている「海女サミット」では、海女文化の無形文化遺産登録を目指す宣言を採択しており、官民の動きは共通の目標に向けて動き出した。

 ところが、この「海女文化のユネスコ無形文化遺産への登録」に関し、南鮮が横取りしようという盗人猛々しさを見せている。

韓国、海女文化の遺産登録目指す 15年に (日経)

 韓国文化財庁は21日までに、同国南部済州島の海女文化について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録を目指す方針を決めた。2015年が目標という。
 海女文化をめぐっては、日本国内でも無形文化遺産への登録を目指す動きが出ている。韓国文化財庁は決定の理由について、日本の状況を含めた「国内外の環境を考慮した」と説明している。韓国メディアによると、済州島には最盛期に約3万人の海女がいたが、最近は4千人台にまで減少しているという。(ソウル=共同)


あまちゃん
あまちゃんもビックリ!南鮮ウリジナリズム

 文化というものは、古くから培われ、それを継承、保存しようとする人々の血と汗というプロセスを経て、今に残るという結果を生むものだ。だが朝鮮民族は、そのプロセスを無きものとし、結果だけを横取りして「自分たちのもの」と主張するのだから、「文化の盗人」なのである。

 この南鮮による「海女文化」の横取りについては、産経新聞正論の執筆メンバーである櫻田淳氏が、自身のFacebookでこのように具体的に反論している。

① 日本における「海女の世界」は、久慈を北限として、伊勢志摩、壱岐まで広範囲に及ぶ。韓国のように、済州島周辺だけというものではない。
② 古来、伊勢神宮に奉納される品の中で最も珍重されたのは、鮑だった。その鮑を採っていたのが、伊勢志摩の海女である。それだけの歴史的な蓄積がある。
③ 三島由紀夫の小説『潮騒』は、「海女の世界」なくして成立しなかった文学作品であろうけれども、既に半世紀前に翻訳されて海外に紹介されている。朝ドラ『あまちゃん』にも、『潮騒』の影響がある。日本文化における「海女の世界」のモチーフは、繰り返し使われている。「日本には、海女文化がある」とは、少し日本文化に詳しい人々ならば、知っている話であろう。


 日本人にとって血肉化されている「武士道精神」は、火事場泥棒を蔑む。この火事場泥棒の具体例が、日本軍の降伏後に、侵略をもって北方領土を占領したソビエト(現ロシア)、日本に統治権がなかった占領下で、勝手に李承晩ラインを引いて竹島を侵略した南朝鮮である。いくらドラマやK-POPで日本人を洗脳しようと試みても、日本人には南鮮民族を軽蔑する“確たる理由”があるのだ。海女文化に対する盗人行為は、日本人の心に刻まれた南鮮民族への嫌悪感の“つけ足し”にすぎない。

 昨日のエントリーで、この南鮮民族に対して「放っておく以外、手の施しようがない」と書いたが、このような盗人行為に対しては、静観・沈黙ではなく反論で応酬すべきだ。「声が大きければ自分たちの主張が通る」と思いこんでいる彼の民族が「国家ぐるみの盗人」であるという事実を、内外に根気強く発信していくことが必要だ。日本政府が海外広報を強化するという良い動きも見られる。このような官の動きには、民も協力を惜しまず、その活動を後押しすべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/12/22 09:42 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ