FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年11月20日

暴走止まぬ朴槿恵とハルピンのテロリスト記念石碑

← 応援クリック、ありがとうございます。

 反日無罪とはよく言ったもので、朝鮮人にとってはテロリストでも日本に抗ったなら英雄となる。人を殺すことは当然犯罪だが、わけてもテロリズムを以て人の命を奪うというのは、最も卑劣な犯罪である。現代では明確に否定されるが、日本で人を殺めることが正当化されたのは、戦国時代の戦を除けば、仇討ぐらいなものだ。仇討とは、主君や親兄弟などを殺した者を討ち取って恨みを晴らすことだが、この行為は正当な理由がある行為として、江戸時代には公認されていたことだ。仇討は明治になってから禁止され、その後、日本では、殺人は理由を問わず違法という価値観を取り入れ、今日に至る。一方、今から100年以上も前のテロリズムを正当化しようとする民族のオツムや価値観は、解析不能だ。

 朴槿恵が、南鮮を訪問中の楊潔チ支那国務委員との会談で、中国黒竜江省ハルビン駅で安重根をたたえる石碑を建立する計画について「うまく進んでいる」と説明したことに対し、菅官房長官が「わが国は、安重根は犯罪者であると韓国政府にこれまでも伝えてきた。このような動きは日韓関係のためにはならないのではないか」と述べ、南鮮政府を痛烈に批判した。その発言に対し、南鮮外交部の報道官は安重根について「わが国の独立と東洋の平和のために命を捧げた。(日本は)歴史を謙虚に直視するよう求める」と訴えた。話が噛みあう筈もない。「歴史を直視せよ」という発言は、テロリズムを肯定する国家にそのまま返すべき言葉だ。

朴槿恵
朴槿恵 ~ ナンとかのひとつ覚え

 朴槿恵が大統領選挙に勝利した際、「朴正煕の娘だから親日的な対応を期待できる」と公言していた識者の顔が、今さらながら思い浮かぶ。親北派左翼の文在寅よりもマシと思っていた私も甘かった。実際のところ朴槿恵は、李明博の竹島不法上陸と天皇謝罪要求発言で決定的に悪化した日韓関係を引き継ぐばかりでなく、政権の反日レベルを数段階引き上げた。それを示す実例が、欧州歴訪での“告げ口外交”だ。過日の拙エントリーで、「朴槿恵は、犬のマーキングのように、訪問する先々で「日本非難」の放尿をして来る」と書いたことが現実になった。日本を非難し、日本からの土下座を求めることこそ、朴政権のアイデンティティだ、と公言したようなものだ。安重根記念石碑は、アジアにおける放尿マーキングであり、告げ口外交を実際のかたちにする発展形である。

 一国の元首が、よりにもよって他国の土地に自国テロリストの石碑建立を切望し、外交のなかで殊更熱心に実現を働きかける姿は、異常としか表現のしようがない。一国の元首が、こうも継続的に他の一国を侮辱し続ける外交は、あまり類を見ない。ロナルド・レーガン米大統領はリビアのカダフィーのことを「リビアの狂犬」と呼んだ。しかしその原因は、現代における二国間の軋轢と対立によるもので、100年前の出来事ではない。宗教上で対立する国家は存在するが、他国にテロリストの石碑を建てるような外交は聞いたことがない。

 朴槿恵の告げ口外交は、大きな代償を孕む。下記は、告げ口外交に対する批判を述べる、米有力シンクタンクの上級研究員の論評だ。

 第2次世界大戦の戦勝国を訪問しては敗戦国である日本の悪口を言いふらすというのは、いかにも中堅国家だからできること。品格のある大国のリーダーがやることではありません。フランスの大統領が外国を訪問し、わざわざドイツの悪口をいったことがあるでしょうか。やれば間違いなく品位を疑われる。
 そんな情けない外交をして損をするのは韓国自身です。幸いにも朴大統領が言い回るので、各国は慰安婦問題について学び、正確な知識を持ちつつある。日本は国際社会における主要パワーです。その程度の“告げ口”で、戦後、世界に貢献してきた日本を貶めようとする国などあるはずがない。(出典:週刊ポスト/NEWSポストセブン)


 こんな元首との首脳会談など、日本国民の理解を得られるはずもない。結局南鮮は、日本批判で溜飲を下げながら、実は日本をはじめとする諸外国の怒りと嘲笑、嫌悪を自ら招いているだけである。幾ら言っても理解できないのだろうから、好き勝手に日本批判をさせ、朝鮮民族の未熟さ、幼児性を徹底的に晒すのも手だ。間違いなく言えることは、いくら米国からの要請があろうとも、日本から手を差し伸べるべきでないということである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/11/20 07:32 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ