FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年11月14日
月別アーカイブ  [ 2013年11月 ] 

「知る権利」は全能の権利か?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本のメディアはどこを見ても「知る権利」のオンパレードだ。昨日の報道ステーションでも、古館が唾を飛ばしそうな勢いで「知る権利」を連呼していた。朝日新聞がこの一ヵ月で8回も、社説で特定秘密保護法案を攻撃しているのは、昨日書いたとおりである。

 その秘密保護法案への攻撃に加え、11日の衆院国家安全保障特別委員会で、共産党の赤嶺政賢が内部資料とみられる文書を提示したことが話題になっている。文書が示すものは、防衛省が防衛にかかわる秘密を取り扱う海上自衛隊員を選別する際、思想・信条調査をしたり、携帯電話の通話記録の提出などを誓約させたりしている疑いだ。毎日新聞は、「事実なら憲法が保障する思想・信条の自由に抵触する可能性がある。」と指摘する。

 朝日新聞の好きそうな事案だなと思っていたら、案の定、昨日の天声人語で早速この件に触れ、痛烈な皮肉を込めた文章を掲載していた。

朝日新聞 天声人語(2013年11月13日)

 これは冗談なのだろうか。本紙が入手し、きのう報じた「身上明細書」という書類がある。防衛秘密をあつかう自衛隊員について、任務に適格かどうかを調べるため本人に書かせるものである。その記入例に登場する架空の人名を見て驚いた▼(中略)▼隊員の上司が書くと思われる「調査票」という書類もある。隊員は正直か、異性関係はだいじょうぶか、借金の取りたてはないか、特定の外国をしばしば訪れていないか、虚言癖や特異な趣味嗜好(しこう)はないか。いずれも本人に確認せずに記入する▼凄(すさ)まじい徹底ぶりである。秘密を扱う者は丸裸にする。場合によっては携帯の通話記録を見る。うそ発見器にかける。親類縁者や友人知己にも目を光らす。人権もプライバシーも捨て去れということだ▼特定秘密保護法ができれば、新たな「適性評価」が役所の取引先の企業人にも及ぶ。空気の薄い社会にならないか。やりすぎは慎むと政権はいうが、知れたものではない。


 朝日新聞や共産党のような、人権真理教者ともいうべき人たちにとっては、国家と国民の生命・財産を命がけで守る自衛隊員の権利と、一般の日本人のそれが同等でなければならないらしい。自衛隊とて、公権力を行使する側に存在する組織である。そして公務員だ。彼等の任務は崇高であるが、反面、公権力を行使する側の公務員が、その職務の性質によって、権利に一定の制約を与えられるのは、一般論として当然のことだ。

海上自衛隊

 機密が漏れれば、国民の命が脅かされるケースが想定されるが、それを前面に立って阻止する自衛隊員の命が先ず危険に晒されるのだ。情報が漏れればオペレーションが失敗する可能性が高いのは、我々にとって大東亜戦争で経験済みのことだ。機密が漏れれば、武器等の情報がテロリストに渡りかねない。テロリストに狙われる危険が発生するとともに、同盟関係にある諸外国の日本に対する信頼は地に堕ちる。むしろ、守ってもらっている側の国民にとっては、自衛隊員には申し訳ないが、危ない自衛隊員に任務を任せることこそが不安を抱かせる。程度の問題はあるにせよ、いざとなれば実力部隊としての任務を行使する自衛隊員に、一定程度の制約が課されるのは当然だろう。

 そもそも、いま新聞紙上をにぎわせている「知る権利」とは、そんなに重要なものなのか。もっと言えば、国民に、国や政治がかかわる全てのことを知る権利があるのか。もっと言えば、国の安全保障を脅かしてまで、「知る権利を行使する権利」があるのか。私には到底そうは思われない。少し社会主義的な発想になってしまうかもしれないが、公僕として公に奉仕することなく、任務に命をかけることもなく、ただ税金を払っているだけで、さも「権利」が全能であるがごとき主張を振りかざすのは、甚だ傲慢であるように思える。朝日新聞や共産党のやっていることは、機密を扱う側の公権力を国民の敵であるという世論を醸成せんとする誘導に見える。そういう勢力の思想や信条こそを問うてみたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/11/14 07:29 ] 社会問題 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ