FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年11月01日

ご皇室の意味を理解しない、山本太郎の“不敬”手紙直訴

← 応援クリック、ありがとうございます。

 2年ほど前に、国会開会式に臨席される天皇陛下を衆参両院議員が整列してお迎えする際、陛下を携帯電話のカメラで撮影した民主党会派所属の莫迦議員がいた。この議員、実は陛下が国会に御出ましになるときには毎回撮影していたという。「毎回撮っているのに、何で今回だけ非難されるのか」と言わんばかりのケツのまくり方に、空いた口が塞がらない思いだった。

 いくら「開かれた皇室」の時代になったとはいえ、我々庶民は陛下のお姿を間近で拝見することは稀である。その意味では、折にふれて陛下のお傍に侍る機会を持つ国会議員は、国民の範となるべき立場だと思うのだが、たまに、常識とはかけ離れた議員の言動が報じられることがある。そういえば、秋篠宮親王に「早く座れよ」と暴言を吐いたハマグリなんとかという議員もいた。「開かれた皇室」を勘違いする議員が度々出てくるのは、由々しきことである。

 皇室に畏敬の念を持たぬ議員を輩出すると、このようなとんでもないことが起こる。2013年夏の参院選でも、ひとりの莫迦が議席を得た。そしてその議員が、とんでもない不敬をしでかした。

陛下に手紙を手渡すバカ

 脱原発というシングルイシューを掲げ、反日極左勢力の支援を受け、山本太郎は参議院議員となった。陛下が御出ましになる園遊会参列者の人選方法までは知らないが、その山本太郎が昨日、園遊会に参列し、なんと天皇陛下に直筆の手紙を手渡すという暴挙に及んだ。

 報道では、天皇陛下の政治利用にあたるという批判が多いが、これはそれ以前の常識の問題である。山本太郎は同日の会見でメディアに対し、「言いたいように言え。禁じられているとは聞いていない」と開き直ったが、この理論が許されるのなら、それは道徳や倫理の破壊を意味する。ルールは全て法制化されるわけではない。法律に依らない部分を、国民の常識が担保してこそ、初めて社会は成り立つのだ。子供じみた理論を振りかざすのもいい加減にしてもらいたい。

 またこれは、保安上の問題でもある。宮内庁には、園遊会の参列者人選方法見直しを求めたい。また、参列する全ての人物が必ずしも善人でないこともあることを前提に、保安強化を図って欲しい。山本太郎に限らず、手紙等に細菌や毒物を仕込む方法だってあり得ないわけではない。

 山本太郎は、政治利用を否定し、ただ「現状を伝えたかった」、「気持ちがあふれ出た」、「想いを伝えたかった」と弁明した。しかし、これは詭弁と言うべきものだろう。想いを伝えるという行為は、だた伝えたいという自己満足のために為される場合、大変迷惑な行為なのだ。山本の行動は、ご皇室を前に私欲を満たすた行為をしたのと同じである。原発作業員の環境の悪さを陛下にお伝えし、それをお聞きになった陛下に何を望むのか?陛下が「それは大変ですね。早速環境改善を進言しましょう」とでも仰ると思ったのか。

 山本太郎が理解していない致命的な部分とは、ご皇室は権威であり、権力ではないということだ。日本のご皇室は常に権威であり続け、権力から絶えず距離を置いてきた。「現状を知って欲しい」と山本太郎が直訴したところで、筋違いなのだ。「原発作業員の劣悪な環境」、「子どもたちの将来」を直訴するなら、山本に票を投じた有権者の代理人として、政治権力である政府に直訴すべきなのである。

--陛下は山本議員の中では特別ではないんですか

「この国の象徴であるという意味合いで、やはり全国民にとってはそれぞれ思いのある存在だとは思いますけれど」


 この記者とのやり取りに、山本太郎の皇室観がよく表わされているように感じる。「憲法に象徴と書いてあるから、解釈は人それぞれでしょ?」とでも言いたげだ。記者との他のやり取りを見ても、適切な敬語などは一切使っていない。

 山本太郎を田中正造になぞらえる莫迦が居て、山本自身も田中正造を知っていると語った。だが、田中正造は明治天皇に直訴することで死を覚悟し、妻に遺書まで書いている。山本太郎に田中と同じ覚悟はないだろうし、議員辞職という潔い身の処し方にすら、考えは及んでいないだろう。国会で厳しく処罰すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/11/01 07:29 ] 皇室 | TB(0) | CM(18)
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ