FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年09月20日
月別アーカイブ  [ 2013年09月 ] 

催物会場と化すソウル日本大使館前

← 応援クリック、ありがとうございます。

 2chやブログ、ツイッターが南朝鮮発のニュースで盛り上がるのは、南朝鮮が反日国家であり、彼の半島から反日的言動が伝わらない日がないからなのだが、盛り上がりをさらに助長するのは、彼等の言動の異常さである。民族性という言葉で片付けるのは安直過ぎるだろう。兎に角、彼等の言動には羞恥心が欠如している。客観性を持てない民族というのは憐れなもので、彼等は恐らく、南朝鮮を中心に地球が回っていると勘違いでもしているのだろう。そのくらいの発想の転換がなければ、彼等の行為を解釈することができない。

 昨日も、非常に突飛な行為がニュースになった。韓国の複数の環境保護団体が、ソウルの日本大使館前で記者会見を開き、福島第1原発からの汚染水漏れ問題を糾弾。日本政府に日本産水産物の輸入規制を強化した韓国をWTOに提訴しないよう抗議したという。これだけなら、「お得意のアジテーションがまた出た」ぐらいの理解で済むのだが、これらの環境保護団体は、日本大使館前に即席で祭壇をつくり、放射能に汚染された水産物で法事を行うパフォーマンスを繰り広げた。

朝鮮人のキチガイパフォーマンス

朝鮮人のキチガイパフォーマンス

 防護服に身を包んだ割には、手袋は無かったらしい(笑)。コスプレにしても中途半端である。酌をするおっさんは普通のスーツ姿だ。放射線は大丈夫なのだろうか?(笑)こういうパフォーマンスは、日本人に怒りとは別の感情を抱かせる。呆れ、憐れみ、冷笑、嘲笑が交りあった、複雑な感情である。

 共同電によれば、南朝鮮国会の調査機関、立法調査所は、昨日、「実施後も(水産物に対する)国民の不安は大きく変わっていない」と指摘し、日本産水産物の全面輸入禁止を提案する報告書を発表した。つまり、日本海産物の輸入禁止は「不安」が原因であって、科学的根拠はないと吐露したも同じなのだ。国際ルールなど、二の次なのである。

seoul_saidan3.jpg

 そういえば、13日のzakzakに「中国ネット社会が“反日”韓国をメッタ斬り(夕刊フジ)」という記事が掲載されたのだが、その記事によれば、支那のネット社会でも南朝鮮人は批判の的となっているようだ。東京オリンピックの招致決定に関し、ただ単純に感情だけで日本批判を爆発させる南朝鮮人に対し、支那の掲示板で、「一番嫌いなのは韓国人」「われわれは低俗な生物と言い争う必要はない」という批判まで書き込まれたという。かの支那にしても、朝鮮人のメンタリティは理解不能だということだろう。

 ソウルの日本大使館前は、さながら催物会場の様相である。“普通の国家”なら、官憲がこういう礼儀なき行為を止めるのだろうが、普通でない南朝鮮には、そんなことを求めるのも無理だと思われる。通常、国家間関係は対等であるのが国際ルールだが、南朝鮮を相手にする場合、知能と民度に関しては、見下して対応しなければならないだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/09/20 07:46 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ