FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年08月11日

性質が全く異なる、日本のナショナリズムと特亜のナショナリズム

← 応援クリック、ありがとうございます。

 終戦の日が近づいてくると、守旧メディアはお約束のように、「対立を生むな」という論説を展開する。くしくも、朝日新聞と中日新聞(東京新聞)の2紙は、“ナショナリズム”という言葉を引き合いに、読者に“自制”を促している。

 まず、朝日新聞だ。

 政治がナショナリズムをあおれば、どんな結果を招くか。そのことを両首脳は肝に銘じるとともに、関係修復に向けた取り組みを急がねばならない。
 ソウル中心部の明洞。繁華街を埋めていた日本人の姿は昨秋以降、めっきり減った。
 実際、日本から韓国への観光客は昨年、過去最高を更新したものの竹島騒動後は前年比2割減の状態が続く。このところの円安や不安定な北朝鮮情勢も加わり、日本企業の対韓投資も減っている。
 これが、浅はかな行動がもたらした代償である。韓国では、李氏の言動がいかに国益を害したかという指摘も聞かれる。
 李氏は竹島訪問後、従軍慰安婦問題で日本政府が誠意をみせないから行った、と説明した。それが行動を正当化する理由には到底ならないが、日韓に歴史認識問題が重く横たわっていることは事実だ。
 にもかかわらず、日本側では最近も橋下徹大阪市長の慰安婦発言や閣僚らの靖国参拝、首相の「侵略の定義」発言などが相次いだ。これらは韓国や中国との関係をさらに冷え込ませただけではない。
 欧米からもその人権感覚や歴史認識を疑う声が出るなど、国際社会での日本のイメージをいたく傷つけた。
 韓国の司法が、戦時中の元徴用工らの訴えを認め、日本企業に損害賠償を命じるなど新たな火種も持ち上がっている。
 こんな時こそ、みずから挑発的な言動を控え、国民に冷静な対応を呼びかける。それが政治家の仕事だろう。

(朝日新聞 2013-08-11社説より)


 朝日新聞の悪い癖である。支那や南朝鮮の出過ぎた言動が露呈すると、朝日は決まってそれら2国と日本を同列に置き、お互いに冷静に対処せよと説く。この恣意的な相対化は、もはや朝日の常套手段と言ってもいい。

 だが、ナショナリズムが沸騰する状況は日本にはない。ましてや、政治がナショナリズムを煽るという状況もない。橋下慰安婦発言は、内容に問題はあったのだろうが、特にナショナリズムを煽るという意図があったとは思えない。首相の「侵略の定義」発言は、一般的な解釈を述べただけのことであり、ナショナリズムを煽っているのは、この発言に脊髄反射で反意を述べる、支那、朝鮮のほうである。

 少なくとも、“従軍慰安婦”なるものを捏造して、「国際社会での日本のイメージをいたく傷つけた」犯人である朝日新聞が言えた義理ではない。先頭を切って土下座しなければならないのは、朝日新聞のほうだ。

 まずは8月15日の終戦記念日に、首相や主要閣僚は靖国参拝を控える。韓国の政治指導者らも、国民の対日感情を刺激するような言動を慎む。
 ともにアジアのリーダーとして責任を負う隣国同士が、自分たちの問題さえ解決できない。こんな醜態をいつまで世界にさらすつもりなのか。

(朝日新聞 2013-08-11社説より)


 首相や主要閣僚が靖国参拝を控えたところで、南朝鮮が黙る筈はない。ましてや、これは内政の問題であって、殊更外交問題化しているのは南朝鮮側である。そのマッチポンプ役を担っている朝日新聞が呼ぶ“醜態”が日本は、日本にはない。南朝鮮と一緒にしてもらっては迷惑だ。

 一方、中日新聞はナショナリズムには「良いナショナリズム」と「悪いナショナリズム」があると説く。今朝の社説である。

 ナショナリズムには「良いナショナリズム」と「悪いナショナリズム」があります。オリンピックのような国際試合で自国選手を懸命に応援し、国旗掲揚や「君が代」斉唱で身が引き締まるのは「良いナショナリズム」です。だが相手国への反感から過激デモや破壊活動に走るのは「悪いナショナリズム」です。二年前の東日本大震災ではヒューマニズムを見せた中国人が尖閣問題では反日デモという事態をどうとらえたらいいのでしょう。

(中日新聞 2013-08-11社説より)


 上っ面だけを捉えて、ナショナリズムを「良いナショナリズム」と「悪いナショナリズム」という、単純な2極化の結論に持ち込むのは無理がある。国民の思想を型にはめることを、中日新聞は意図しているのか。支那や朝鮮と日本のナショナリズムは、性質が全く異なることを、この新聞は触れようとしない。彼等のナショナリズムは、反日教育の醸成によって支えられており、それを後押しするのが、全体主義である。自国に対する批判を封じ、攻撃の対象を日本に向けるという、政治的“意図”が存在する。一方の日本の言動には、そういったメディアの後押しがあるわけでもなく、ましてや反中教育、反韓教育があったわけでもない。それどころか、メディアや日教組によって、“日本は悪い国だ”と刷り込みが続けられてきたのが実情ではないのか。

 戦後史を研究すればするほど分かってくるのは、日本ではナショナリズムが抑圧されてきたという事実である。そのナショナリズムが、手法は様々あれど、発露され始めたという事実は、日本人が覚醒しはじめたことの象徴でもある。守旧メディアにとっては憂慮すべきことなのだろうが、メディアの価値観に左右されない日本人が増えてきたことは、紛れもない事実だろう。総括を求められるのは、反日を是とし、支那、朝鮮におもねることを是としてきた、メディアの方である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/08/11 11:35 ] 史観 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ