FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年07月29日

「歴史を忘れた民族に未来はない」という横断幕

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日のサッカー東アジアカップ決勝戦、日本対南朝鮮。勝って優勝したとはいえ、やはり後味の悪い試合になった。日本がほぼふたつしかなかったチャンスをふたつのとも決めて勝っただけで、日本が終始押しこまれ、劣勢に立たされていたことが原因ではない。原因は当然、朝鮮民族の民度である。

 この試合で、南朝鮮のサポーターが「歴史を忘れた民族に未来はない」という横断幕を掲げた。言うまでもなく、これは政治でも外交でもなく、サッカーの国際試合である。FIFAは、政治的なスローガンを掲げることを禁止している。試合中には、伊藤博文を暗殺したテロリスト、安重根の顔を描いた幕も登場したらしい。この種の言動では前科者である南朝鮮は、ロンドン五輪で懲りているはずなのだが、日本が相手となると、箍(たが)が外れる。反日無罪が世界で通用すると思っているのだとしたら、常識知らずのとんだ田舎者である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/29 07:29 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ