FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年07月25日
月別アーカイブ  [ 2013年07月 ] 

反党行為の処分すらできない、民主党の学芸会

← 応援クリック、ありがとうございます。

 北京の自称弁護士、その実は活動家とみられる賈方義(カ・ホウギ)、郭乗希(カク・ジョウキ)の2名が中心となって、支那人による尖閣上陸計画が着々と進行しているようだ。既に民兵50名が応募し、300名が賛同の意を示していると言う。事の発端は、今月の初め、香港発で報じられた中国民兵1,000名による尖閣諸島に強行上陸計画だ。支那の港からの出向を中共当局が許可するかは微妙で、代替港として南朝鮮やフィリピンが検討されているという。

 賈という活動家は、日本による尖閣国有化を「人権問題だ」とトンチンカンな主張をしているようで、通訳を介しても理解しあえるような相手でないことは明らかである。こうした種類の蛮族は、何をしでかすかわからない。無鉄砲な行動も辞さない種族であるから、否が応にも緊張感が高まるが、国の領土、領海は断固として守ると宣言した安倍首相は、粛々と淡々と、日本人以外何人もこの島への上陸はできないということを知らしめるため、万全の準備を整えるべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/25 07:27 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ