FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年07月23日

極左暴力団体、カルト宗教、パチンコマネーの選挙戦

← 応援クリック、ありがとうございます。

山本太郎と中核派

 今般の参院戦において、東京選挙区の5枠のひとつに滑り込んだ山本太郎。やたらと山本を持て囃すメディアが多いが、実は、中核派が山本の支援を買って出て、山本自身もそれを固辞しなかったという顛末は、既に周知の事実となった。中核派(正式名は革命的共産主義者同盟全国委員会)の全盛期は私も知らないが、手っ取り早く言えば、人殺しもテロも平気で行っていた極左暴力集団である。2年前の大震災と原発事故を利用し、反原発というプロパガンダを利用して活動を活発化させ、その傍若無人な振る舞いから、デモで逮捕者も出している。彼等が今でも公安が常にマークされる存在であることは、恐らく、間違いない。

 ところが、無党派層とは恐ろしいもので、そういった背景に関する情報を持たないまま、ただただ反原発という、政策というよりもイデオロギーと呼ぶべきものに傾斜し、山本に票を入れてしまう。東京選挙区においては、無党派層の票の一番多くが、山本に流れたという調査も出ている。山本の選挙プランナーには、“あの”市民の党代表の斎藤まさしがいた。中核派と市民の党。彼等の関与があれば、山本の目指す政治など、その内容は100%決まったも同然だ。無党派層は、そういう“赤さ”に気付かない。

 煽りを食ったのは、同じ選挙区に民主党から出ていた鈴木寛だ。鈴木は選挙運動を菅直人に妨害され続け、民主党執行部の管理の緩さに呆れた有権者に見放された。別に支持するわけではないけれども、民主党執行部が菅直人の暴走を止めていさえすれば、結果は違っていたはず、と私は見ている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/23 07:29 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ