FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年07月19日

相変わらずの支那流外交と、米国に叱られて飛んできた南朝鮮外務官僚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 各種報道を見る限り、21日に投開票が行われる参院選において、自民党が圧勝する情勢は動かし難いようだ。選挙戦も僅か2日を残すいま、自公で過半数を優に超えるとの予想を覆す力は野党にない。安倍首相による安定政権の基盤が整いつつあるということだ。そんな中、どうしても自民党に勝たせたくない反日メディアは、必死に安倍政権の粗を探す。どうやら日本と支那、朝鮮との冷えた外交関係を批判対象のひとつとして見ているようだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/19 07:34 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ