FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年07月06日

飯島勲氏、「数十年のスパンで見ても、これほどいい内閣はない。」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍総理大臣に対する問責決議案が可決されたのが、国会会期末の6月26日。この問責決議に正当性があるのであれば、野党も守旧メディアも一斉に「辞めろ!辞めろ!」の大合唱となったはずだ。ところが、国会が閉幕したことと、参院戦に突入したという理由はあるにせよ、「辞めろ」という声は一切聞かれない。本当に誰も言わない。このこと自体、あの問責決議の妥当性が全くなかったことの証明なのではないか。

 今まで首相に対する問責決議が可決されたのは、安倍総理を含めて4件ある。福田康夫(2008年)、麻生太郎(2009年)、野田佳彦(2012年)が安倍総理以外の3件だが、法的拘束力のないこの決議を後ろ盾にして「辞めろ!」という怒号が飛び交ったのが、これら過去の3件である。国会とは基本的に、民意を反映する場所である。ならば、支持率が60%以上という高さを維持している総理大臣を問責することのどこに、民意の反映があるのか。そもそもこの法案を提出したのは、国民の生活、社民党、みどりの風という、絶滅危惧種3党であり、これらの党が参院戦前にプレゼンスを示すためのパフォーマンスでしかなかったにも関わらず、それに加勢した民主、維新、みんなの党のは、醜態以外の何ものでもなかった。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/06 11:26 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ