FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年06月23日

高市発言に対する言葉狩りと“被災者に寄り添う”というポピュリズム

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自民党の高市早苗政調会長の発言が物議を醸している。発言の内容は、「福島第一原発事故で、死亡者が出ているという状況にはない。安全性を確保しながら活用するしかない。」というものだ。発言の趣旨は、「放射能被害による死者は出ていない」ということだろう。言葉足らずの感もあり、不用意かつ脇が甘いと言われても致し方ない。但し、言葉に嘘はない。この発言に端を発した高市バッシングと高市氏の発言撤回、謝罪は、単なる言葉狩りの帰結である。

高市早苗自民党政調会長
高市早苗自民党政調会長


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/06/23 11:28 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ