FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年06月15日
月別アーカイブ  [ 2013年06月 ] 

蛍の光の3番と4番が歌われないワケ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自民党教育再生実行本部の「教科書検定の在り方特別部会」が教科書の記述や検定制度の在り方を包括的に示す「教科書法」(仮称)の制定を検討していくことを決めたところ、南朝鮮のメディアが朝のトップニュースでそのことを伝えたという。客観的に見て、南朝鮮にとっての喫緊かつ最重要課題は、北朝鮮との外交問題であることは間違いないはずなのだが、日本の教科書に関しては無条件に反応してしまうのだろう。

朝鮮の中央日報はムキになってこう報じた。

「近隣諸国条項」の由来は、1982年6月の高校歴史教科書問題にさかのぼる。文部科学省の検定過程で一部出版社が表記した「中国侵略」を「中国進出」に変えることを要求したという事実がメディアにより暴露され外交問題に飛び火した。


 侵略を進出に書き変えるというのは事実ではなく誤報である。主犯格は日本テレビだ。誤報を“事実”と報ずる朝鮮メディアの偏向ぶりは甚だ不快だが、もともとは日本のメディアの犯罪的報道が発端なのである。抗議はしながらも、尻拭いはまず国内で、ということになる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/06/15 11:49 ] 教育 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ