FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年06月03日
月別アーカイブ  [ 2013年06月 ] 

古賀誠よ、戦後世代をバカにするな。

← 応援クリック、ありがとうございます。

 数日前のエントリーで、私は自民党支持者ではないと書いた。理念や政策において最も近いのは、たちあがれ日本だった。自民党に関して正確に言えば、消極的意味を含むなら支持者ではあり得るのだが、決して積極的支持者ではない。勿論、自民党のなかには安倍総理、麻生副総理をはじめ、信頼できる政治家は多い。ただ、どうしても確信を持つことができない。その理由は、総体としての自民党が保守政党だとは思えないからである。党の中に超リベラル派とも言うべき人物が名を連ねており、時としてその勢力が幅を利かせ、保守派の足を引っ張ることさえある。

 昨年改めて制定した自民党の綱領には、「新憲法の制定を目指す」という一文がある。自主憲法の制定という、自民党の立党の精神を象徴した一文だ。即ち、この理念を共有せずして党に籍を置く者は、嘘つきであり、偽善者ということになる。そんな人物はいないと思いきや、やっぱり居る。かつて宏池会を率い、幹事長まで務めた人物が、「憲法9条は世界遺産に匹敵する」とまで言っているのだ。それも、共産党の機関紙で、である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/06/03 07:27 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ