FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年05月27日

慰安婦問題のおさらい ~ 大根役者と脚本家と振り付け師

← 応援クリック、ありがとうございます。

 我が国のマスメディアは、橋下発言を叩きまくるくせに、社民党の照屋寛徳が「沖縄は独立した方がいい」と発言した問題について、続報を全く書かない。橋下発言のハレーションも大きいが、照屋発言について、党の責任者である福島瑞穂のコメントぐらい、聴取して載せたらどうなのか。結局、社民党は袋叩き似合わずに済み、一方で維新は橋下氏がバッシングを受け、西村眞悟氏が党を除名される事態にまで発展した。何か、割が合わない気がする。

 反日活動には大甘なマスメディアの実態である。大甘というより、一部のメディアは、進んで反日を後押しするような気質があるから、事がややこしくなる。さしずめ、慰安婦問題はその典型である。つい先ごろ、自称慰安婦の韓国女性が橋下氏との面会をドタキャンし、敵前逃亡をしたが、朝日新聞に言わせると、「橋下氏が“謝罪パフォーマンス”を企て、“マスコミ操作を準備している”ことが分かった」などと、面会取りやめの理由を説明した。これは自称慰安婦の言葉ではなく、単なる振り付けだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/05/27 07:28 ] 史観 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ