FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年05月25日

橋下徹、慰安婦に関する日本政府の「責任」を蒸し返す

← 応援クリック、ありがとうございます。

 思い起こせば、橋下徹氏が教育現場での日の丸斉唱を推進し、労働組合とのっぴきならぬ対決をしていたころ、拙ブログでは、「橋下氏は良くわからない」と言いながらも、氏に肯定的な見解を述べていた。見る目があったかなかったかは別として、橋下氏は正しい方向に進んでいるかに見えたからである。大阪維新を政党化し、国政に出る出ないの話が出たころから、余計にわからなくなってきた。橋下氏に否定的になった決め手は、青山繁晴氏の講演会で、「橋下氏は共和制主義者ではないか」という評価を聴いたことだ。この論説は、新潮45の1月号に論文として掲載されているが、皇室を否定する人を支持することなどできないと思った。

 橋下氏は発信力を備えている。恐らく、政治家らしからぬはっきりとした物言いで、記者のフィルターを通さなくても、言いたいことが有権者にストレートに伝わるからだろう。しかし、その発信力は諸刃の剣だ。国益を守る発言の場合は良いが、その逆の場合、国益を著しく害し、外交問題を複雑化させる。昨今の慰安婦関連発言など、圧倒的に後者の意味が強い。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/05/25 08:57 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ