FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年05月20日

「謝罪」と「金」しか頭にない南朝鮮が送りつける、元慰安婦という尖兵隊

← 応援クリック、ありがとうございます。

 橋下発言で政界が揺れている。もともと橋下徹氏の発言は品性を欠くけれども、ある種の真実はある。だが、このアマチュアっぽい政治家は、自身の言葉が巻き起こす世論と逆風、そして何より、日本外交を難しくすることを計算できなかった。政治は信念だけでは無理なのだ。

 南朝鮮から、“自称”元慰安婦というお婆さんらが来日し、橋下氏と面会するそうだ。そのお婆さんらは、日本を貶めたい日本人らの協力を得て、沖縄や広島で講演会を開き、橋下氏を批判している。その批判のなかに、こういう一節がある。

「血のにじむ経験をした私が(強制連行の事実を)証言している。これ以上の証拠がどこにあるのか。私はここにいる」


この一節はある意味で、いわゆる“従軍慰安婦”という虚構の実態を物語っている。物証がないのだ。証拠を出したくても実際は無く、唯一の論拠は“彼女ら自身”なのだ。

自称慰安婦、金福童
「私の存在以外に従軍慰安婦という証拠がない」 by 自称元慰安婦、金福童


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/05/20 07:26 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ