FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年05月13日

野党は口を開けば戦後体制の維持 ~ そんなに土下座が楽しいのか!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 それにしても、日本の政界には戦後体制の護持を目論む議員や政党が多すぎる。戦勝国が決めた戦後秩序と、その戦後秩序の中で日本叩きの免罪符を受けたと勘違いする特亜に対し、「黙って従え」と言う政治家や政党のことだ。

 昨日のNHK「日曜討論」。自民党の高市早苗政調会長は、このように述べた。

日中・日韓関係巡り各党議論 (NHKニュース)

 高市氏は、安倍内閣の閣僚による靖国神社参拝や、歴史認識に関する安倍政権の姿勢を中国や韓国が批判していることについて、「閣僚の靖国神社参拝を、ここでやめたら終わりだ。国策に殉じて命をささげた方々をいかにおまつりするかは内政の問題だ。日本の支配を受け、植民地とされた国の方々の民族の誇りを傷つけて大変な苦難を与え、被害を与えたことは確かだが、当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が植民地になる道がベストだったのかどうかだ。安倍総理大臣が、国会で『侵略の定義は学会的にも国際的にも定まっていない』と答弁したことは間違っていない」と述べました。(以上、抜粋)


 高市氏は、渡部昇一先生との対談のなかで、「私が首相になったら村山談話を無効にします」と言った政治家だ。発言場所が反日放送局であることもあり、これでもかなり抑え気味の発言だと言えよう。

高市早苗


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/05/13 07:30 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ