FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年05月06日

日本政界に浸透する南朝鮮の政治工作 ~ 菅内閣、そして松下政経塾

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南朝鮮に、東北アジア歴史財団とう組織がある。2006年、盧武鉉(ノ・ムヒョン)というどうしようもない大統領の政権下で設立された団体である。盧武鉉が「歴史歪曲、独島(日本名竹島)問題について総合政策の樹立と研究のための政府出資機構を設立せよ」と号令を出して設立させた団体であり、その設立趣旨からもわかる通り、主要目的は、朝鮮による歴史の歪曲の正統化と、竹島の不法領有の正統化である。この2点から、日本を標的にした財団だと断定できる。

 先日、「韓国が「反日」をやめる日は来るのか」(鄭大均著)という本を読んでいて、ひとつの非常に憂うべき事実にぶち当たった。この本に収録された、東北アジア歴史財団の二代目理事長、鄭在貞が2008年に発表された菅談話に対し、自らの貢献をとうとうと語っている部分である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/05/06 08:58 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ