FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年05月02日

早くも落ち目の維新、橋下氏が沖縄の民意に媚びる愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日は、民主党内における正反対の憲法観を取り上げ、この政党がひとつの纏まりを保つことが最早不可能であることを書いた。立法府に籍を置く議員が、憲法という最大かつ最重要のテーマについて、党内で意見を全く異にすること自体が信じ難い。だが、憲法問題ではないにしろ、同じような見解の相違が日本維新の会にもあるようだ。主権回復の日と沖縄問題である。

 主権回復の日の記念式典において、維新の平沼赳夫国会議員団代表は「日本が国際社会に復帰できたことが第一歩で、それが沖縄復帰につながったとの意識を持つべきだ」と訴えた。私はこの平沼氏の主張に100%同意する。だが、この見解を真っ向否定する見解が、維新の幹部から出た。その張本人は、橋下徹共同代表だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/05/02 07:39 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ