FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年04月25日

徳永エリよ、質問の根拠を示せ!さもなくば、バッジを外せ!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ポピュリズムに毒された政治家と、政治にイチャモンをつけるだけの報道を生業にしているメディアが、盛んに定数削減をやるべきだと合唱しているが、定数削減の以前に、国益が何たるかもわからず、能力もなく、嘘を平気でつく国会議員の除籍処分が先ではないか。心底そんなことを思わせるやり取りが、昨日の参院予算委員会で行われた。昨日の主人公は、参院北海道選挙区選出の民主党議員、徳永エリである。

 現時点で確認していないけれども、恐らく今日の保守系ブログは“大徳永祭り”だろう。この議員は、昨日の予算委員会において、安倍内閣閣僚の靖國神社参拝が支那や朝鮮を刺激し、態度を硬化させていることを材料に、「拉致被害者の家族が落胆している」と語った。以下が、産経が掲載した質疑の内容だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/04/25 07:31 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ