FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年04月24日
月別アーカイブ  [ 2013年04月 ] 

靖國神社は日本の安全保障の要諦である。

← 応援クリック、ありがとうございます。

 断言するが、南朝鮮は日本と友好関係を構築しようなどとは微塵も思っていない。ずっとずっと、未来永劫、日本から金を含めて色々なものをむしり取りたいからだ。たかる相手を無くす理由はない。彼の国は長い年月をかけ、反日教育によって反日分子を増殖させてきた。日本と“普通の関係”を構築したくても、民意がそれを是としない。つまり、国論を転換できないのだ。最早、日韓の友好の道筋など、どこにもないのである。

 靖國神社で春季例大祭が行われ、超党派の議連「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバー168名が、昨日靖國を参拝した。支那と南朝鮮は、ダチョウ倶楽部のお約束的リアクションよろしく、一斉に反発した。両国は今まで、終戦の日の政治指導者の参拝については強硬な抗議を行ってきたが、例大祭の参拝に対する抗議は、今年はやけに強い。“右傾化”とレッテルを貼った安倍政権だからこそだろう。しかし同時にこの反発は、日本に対するある種の示唆であろうと思う。その示唆とは、「靖國神社は日本の安全保障の要諦だ」ということだ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/04/24 07:26 ] 史観 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ