FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年04月07日

対日感情によって、言動に雲泥の差が表れるサッカーサポーターのこと

← 応援クリック、ありがとうございます。

私は浦和レッズのサポーターで、ほぼ毎試合スタジアムに通う。
浦和レッズは今年、アジアチャンピオンズリーグを闘っているが、リーグ戦の好調とは逆に、ACLの戦績は良くない。先日も南朝鮮の全北現代との試合で、ホームゲームにはあるまじき敗戦を喫した。まぁ勝負事であるから、必ず勝ち負けはあるのだが、負けた試合の足取りは重いものだ。

そのACLで、海外のサポーターの両極端な面を垣間見た。
まず、3月12日に行われた、タイ王国のムアントンユナイテッドとの試合。試合は4対1でレッズが勝利したが、心温まる場面に遭遇した。
試合後、敗戦を喫したムアントンユナイテッドのサポーターが、まさかの「浦和」コール。そのコールに対し、浦和サポーターが拍手を送る。非常に良い光景だった。スポーツの交流とはこうあるべきものだろう。実は、ムアントンのサポーターは、試合前にも「浦和コール」をしていたが、スタジアムのBGMが大きすぎて、反対側の浦和サポーターには届かなかった。

反対に、今月3日に行われた南朝鮮の全北現代との試合は、後味が悪かった。結果は1-3での敗戦だったが、その試合内容ではない。

韓国経済/エックスポーツ報

 種目不問で日本と会うたび常に問題になる戦犯旗応援がまた出てきた。浦和のファンたちは日本軍国主義を象徴する戦犯旗をあちこちで揚げて応援を繰り広げた。
 約束と違っていた。全北と浦和の関係者たちは競技前日のミーティングで円滑な競技進行のために戦犯旗の競技場搬入を禁止することで合意した。しかし浦和は全北との約束を破って搬入はもちろん露出まで防がなかった。
 これに全北関係者は浦和側に競技中に戦犯旗を揚げたファンたちを写真に撮って浦和に証拠資料として提示した。浦和も戦犯旗を掲げた観衆に注意と警告を与えたと解明したが、全北は今もなお頭を痛めている。


旭日旗は日常的に、埼玉スタジアムのゴール裏ではためいている。
仮にレッズが旭日旗を持ち込み禁止、露出禁止にしていたのだとしたら、クラブの判断は最低である。この報道にかんする浦和レッズからの公式見解は見当たらない。事前合意があったかどうかも疑わしい。クラブからの事前告知がどこを探しても見つからないのだ。恐らくこれは、旭日旗をやり玉に挙げるために、南朝鮮側が捏造したストーリーではないだろうか。
そもそも、旭日旗を“戦犯旗”と呼ぶ時点で、失礼極まりない。

このサポーターの違いは、民度の高低だろう。加えて、対日感情の表れでもある。
朝日新聞の報道によれば、東日本大震災後に海外から日本赤十字社に寄せられた義援金の額において、タイは米国、台湾に続いて3番目に多いのだ。

東日本大震災後、海外から日本赤十字社に寄せられた義援金の額

朝日新聞にとって都合が悪いのだろう。ランキングに存在しない南朝鮮のことには言及がない。では南朝鮮は何位だったのか。
24位である。
義援金は善意の集積だろうから、その多寡を議論すべきイシューではないのかもしれない。ただ、距離的には最も近い隣国の対応には、普段の反日感情が作用しているのは明白だ。

時期を同じくして公表された読売の調査によれば、現在の日韓関係が「悪い」とする日本人は71%と、前回2011年の27%から激増している。1995年以降計9回の調査で最高となったという。勿論、この傾向は南朝鮮でも同様で、「悪い」と思う人が78%(前回64%)だ。
この感情における傾向は、数値の上下はあるにせよ、恐らく未来永劫変わらないだろう。少なくとも南朝鮮では。
偽善的な友好など、いくら醸し出そうとしても無駄な努力に終わる。



ちなみに、浦和レッズのサポーターの名誉のために、ひとこと付け加えておく。
興行側の方に伺った話だが、日本代表戦の翌朝には、埼玉スタジアムの上空は多数のカラスが旋回しいているそうだ。観客が残していったゴミが多いからだ。ところがレッズ戦の翌朝は、カラスはまばらだとのこと。過激で熱いサポーターと思われているようだが、マナーは良いのである。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/04/07 12:08 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ