FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年03月11日
月別アーカイブ  [ 2013年03月 ] 

2,668人。

← 応援クリック、ありがとうございます。

2,668人。
東日本大震災で行方不明になった方が、震災から2年が過ぎた今も、まだ2,668人もいる。
その2,668人の方ひとりひとりに家族がいる。家族の方々は、今日のこの日も、家族の帰りをじっと待っているのだろう。残念ながら亡くなってしまった方々は、家族や友人に弔ってもらえる。一方で行方不明の方々は、この2年間、故郷に帰れず、家族もひたすら彼等の帰りを待つのみの日々だ。
言うが易し。自分の身に起こったら、それこそ地獄だ。

神道という自然信仰のある日本で、その自然が、民に度々苦悩を与えるのは皮肉なものだ。このような災害があるからこそ、その自然と共存するために自然信仰が育まれてきたのだろうが、時として、この苦悩はあまりに過酷を強いる。その過酷さに耐えている被災者の方々のために、過酷さの外にいる我々ができることは山ほどあるはずなのに、“絆”ということばとは裏腹に、“安全なガレキ”でさえも受け入れを拒否され、東電は自己保身に走る始末である。

ひところ天罰という言葉が取りざたされたけれども、状況に対するその言葉の適切さは別としても、戦後民主主義という、個性やら個人の価値観やらが幸福の証とされる風潮に対するアンチテーゼとして、その言葉を謙虚に受け止める覚悟と度量が求められるのが今なのではないだろうか。
同胞の身に降りかかったむごたらしい惨禍に対し、天皇陛下が仰られた通り、決して忘れないこと、そして、所詮無理は承知で、彼等の痛みを自分の痛みの一部として感じ、分かち合うこと。ひとりびとりにその感性が求められるのが、今日3月11日なのだろうと、強く思う。
 
犠牲になられた15,881人の方々のご冥福を祈り、いまだ帰れぬ2,668人の方々のご帰還を祈って…。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/03/11 10:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ