FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年02月13日
月別アーカイブ  [ 2013年02月 ] 

北朝鮮核実験実施 ~ 日本は自衛措置を取れ!

← 応援クリック、ありがとうございます。

北朝鮮が昨日、三回目となる核実験を行った。
これで北朝鮮は、国際社会のなかで孤立を深め、イランと並んで、更なる嫌われ者国家となる。
彼の地では、今日も餓死者が出ていることだろう。だが北朝鮮にとって、食糧は自分でこつこつ作るものではなく、他国を脅して貢がせるものなのだ。

金正恩

安倍首相は、北に対して更なる制裁措置を取ると発表した。
手始めに、北朝鮮に渡った在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)幹部である副議長5人の再入国を禁止する方針だ。これは、組織の幹部を無力化するという意味において、重要な決定だ。
更に首相は、弾道ミサイル発射基地などへの先制攻撃を想定した敵基地攻撃能力の保有に、前向きな姿勢を見せた。実行は甚だ難しい。まず、日本の自衛隊が動くことに、韓国が拒否反応を示す。支那とて同様の反応を見せるだろう。だが、議論するだけでも圧力のひとつになる。「自衛のためなら実力行使も辞さず」という、イスラエルの姿勢を見習う時だ。

北朝鮮の狙いは金だ。
彼等は、隣の国の「漢江の奇跡」は熟知しているだろう。
「漢江の奇跡」とは、日韓の国交正常化に際し、実質的に戦後補償のかたちで日本から韓国に流れた莫大な経済援助である。韓国の近代化は、この経済援助によって実現された。
北は恐らく、同じレベルの経済援助を日本に無心しようと画策しているはずだ。
その時に彼等が利用するのが、恐らく拉致被害者だ。
北朝鮮にはまだ、拉致被害者が生存している。
私は拉致被害者のほとんどは生きていると確信している。これだけ瀬戸際外交をお家芸とする北朝鮮が、彼等の恰好の外交カードである拉致被害者を手放すわけがないのだ。
拉致被害者を外交カードと呼ぶのは、勿論本意ではない。しかし、北が被害者をそう捉えていると考えるのが現実的であろうと思う。

そういう状況を考えれば、朝鮮学校無償化をいまだに唱える国会議員が存在すること自体が異常なのだ。北のシンパに多大な資金を調達していた菅直人という政治家が逮捕もされず、いまだに議席を有していること自体も異常なのだ。

結局、北朝鮮は指導者が変わろうと、国の体質は全く変わっていない。
国内にはびこった全体主義と洗脳は、そう簡単に払拭されるものではない。
北朝鮮を断固として非難する。
北朝鮮国籍の在住者を丸ごと送還してしまうことは、人道的に受け入れられないだろうが、少なくとも朝鮮総連の機能を無力化する良い機会と捉えるべきだ。
それもひとつの自衛措置だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/02/13 07:37 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ