FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年02月01日
月別アーカイブ  [ 2013年02月 ] 

戦後秩序とシンガポールの慰安婦像建立拒否

← 応援クリック、ありがとうございます。

昨夜帰宅してから、国会の代表質問の動画をYoutubeで視聴したが、特に印象に残った言葉がある。共産党志位委員長が質問の最後に加えた部分だ。
志位氏はこう語った。

第二次世界大戦後の戦後の秩序は、日、独、伊による戦争は、不正付議の侵略戦争であったことを共通の土台としている。この土台を覆す動きが、万が一にも具体化されたら、日本は世界とアジアで生きていく政治的道義的地位を失うことになるということを、厳しく警告する。


戦後秩序とは、支那が最近頻繁に使うフレーズである。
中共の外相も最近、「日本は戦後の世界秩序に挑戦すべきでない」と語っている。意訳すれば、「お前らは敗戦国だ。敗戦国は戦勝国である我々に従え」という居丈高な言い分だ。

志位氏は、日本が戦後秩序のもと、敗戦国として戦勝国に未来永劫隷属せよと言っているのである。声を出すな、と。
この建前で言えば、仮に日本が戦後秩序から脱出したいとした場合、日本はもう一度戦争をし、そして勝利しなければならない。だが、あれだけの惨禍を経験した我が国で、今時戦争を現実的に考える人などいないだろう。
堂々巡りである。
つまるところ、志位氏は中共と価値観を共有しているという事だ。

その戦後秩序を利用し、勢力を拡大させようと画策してる国がある。お隣、韓国だ。
韓国は戦勝国では断じてない。彼等は戦後、米国に「戦勝国に入れてくれ」と懇願したが、にべもなく拒否された。だが、彼等には「日本=敗戦国」という唯一の価値観があれば良いのだ。それがエネルギーとなり、免罪符となる。そして、自分たちがあたかも戦勝国であるような振る舞いにエスカレートするのだ。
彼等にとってみれば、日本の共産党や社民党、民主党などは、都合のよい支援団体なのである。
戦後秩序においては、敗戦国は発言する機会さえ奪われる。
だから言いたい放題、やりたい放題である。
その具体例が、慰安婦碑だ。

慰安婦碑

志位氏は、日本が戦後秩序を覆せば、「日本は世界とアジアで生きて行く政治的道義的価値を失う」と言った。これは悪質なミスリードである。
インドネシアのユドヨノ大統領は、安倍総理との会談で、日本自衛隊の国防軍化に理解を示した。インドネシアはアジアではないのか?
そしてもうひとつ、興味深い話がある。
シンガポール文化大臣が、韓国の団体によるシンガポールへの慰安婦像建立を否定したという報道である。

Singapore rejects 'comfort women' statue (News24)

"There are no ongoing meetings or discussions between the Singapore government and the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery on this issue. Nor will we allow such a statue to be erected in Singapore."

「シンガポール政府と、韓国挺身隊問題対策協議会の間には、目下、この問題に関するいかなる会議も話し合いももたれてはいないし、我々はそのような像がシンガポールに建てられることを許可しないだろう。」


志位氏が戦後秩序を金科玉条とするなら、氏はシンガポールに行って、文化大臣に会談を要請し、慰安婦像建立を直訴すればよい。
シンガポールが慰安婦碑を拒否したのは、彼等が貿易立国であり、日本との貿易を重視するという背景があるのかもしれない。しかし、この報道でひとつだけ言えることは、東南アジア全体を「アジア」とひとくくりにする志位氏の理論は、そのアジアには通用しないということである。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/02/01 07:33 ] 史観 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ