FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年01月11日

朝鮮学校無償化除外と、朝日新聞と、ルーピー鳩の訪支

← 応援クリック、ありがとうございます。

ルーピー鳩山グーグルの会長や前米ニューメキシコ州知事が北朝鮮を訪問したことが、米国で物議を醸していると言うが、日本からは現役を退いた退役鳩が支那を訪問するらしく、同じように物議を呼んでいる。
よりにもよって、安倍外交が支那か包囲網を形成しようとしているその初期段階で、それを邪魔するような招待にホイホイと乗るノーテンキな莫迦である。
この鳩は、元日本国首相という誉れ高い肩書きを持つ一般人である。現在、彼が及ぼすことのできる政治力はほぼないと思ってよく、逆に「迷惑だから行くな」という批判的な見方が圧倒的に強い。
この鳩には前科があるからだ。
昨年4月、周囲の制止を振り切って渦中のイランを訪問し、本人は「イランに行って良かった」と恥ずかしげもなく自己満足を吐露したけれども、全世界は“単なる莫迦”としか認識しない。逆にイランの核政策宣伝に利用されただけで終わった。
南方週末社説検閲事件で揺れる支那は、共産党に向かう批判の矛先を外に向けるため、尖閣パトロールの常態化という、支那にとっての外交防衛トピックを創り出した。そんな緊張の中、全く緊張感のない鳩が渡支する。
菅直人とともに北朝鮮にも親和性が高い政治家でもあり、このぶんだと平壌にも行くなどと言いそうな勢いだ。自分にまだ外交力があると勘違いしているのなら、周辺が鎖を付けてでも止めなくてはならない。

北朝鮮と言えば、安倍政権は発足とほぼ同時に、朝鮮学校無償化見送りを示した。
当然の処置である。
ところが神奈川県の黒岩知事が、「国の制度と県独自の補助金とは基本的に別もの」と述べ、朝鮮学校への事実上の太陽政策を宣言した。黒岩知事は、正真正銘のお莫迦なのか、それとも誰かに弱みでも握られているのか、どちらかなのだろう。
そしてもう一方のお莫迦である朝日新聞も、朝鮮学校に金を出せと、社説で訴えた。

朝日新聞 1月9日社説

 たしかに拉致に加え、事実上のミサイル発射実験などから北朝鮮への国民の不信は強い。
 朝鮮学校も教育のあり方が疑念を招いてきた。北朝鮮指導者の肖像画を教室に掲げ、独裁体制を肯定するような授業をしているとすれば受け入れがたい。
 ただ、制度の対象は生徒個人であって、学校ではない。卒業後は日本の大学に進学する生徒も多い。日本社会の一員となる子どもたちだ。
 生徒たちの学びを保障し、かつ日本や国際社会の価値観をきちんと学んでもらう。両立の手立てを探りつづけるべきだ。
 これまで文科省は、無償化を認める場合には「留意事項」をつけ、日本の政治・経済の教科書を教材の一つとするなどの自主的改善を促すとしてきた。
 無償化の対象にして回路を保ちつつ、こうした改善を働きかける。その方が、社会全体にとって有益ではないか。


何が何でも朝鮮学校を支援したいのが朝日の立場である。
朝日はこういう時に限って、「被害を被るのは子どもたちのような弱者」という論法を使う。弱者を作り上げ、人権を謳い、一方で「思慮を欠く体制」という構図を作る。お家芸と言ってもいい手法だ。
確かに子どもたちに罪はないのかもしれない。
だが、過去に何の罪もなく北に誘拐され、まだ日本に帰れない同胞がいる。
その人たちに、罪はあったのか?
朝日は、朝鮮学校の子どもたちに配慮する一方で、同胞である拉致被害者やその家族への配慮は一切放棄している。これが日本の新聞のメンタリティと言えようか?

つい昨日も、北朝鮮の軍関係者に軍事情報を送っていた人物が、大阪で逮捕された。大阪府警はこの男を工作員と判断している。
(47News: 北朝鮮工作員と判断、再逮捕 軍事リポート複製の疑い
日本人の血税をむしり取ろうとし、その一方で拉致被害者を返さず、ミサイルを日本の頭上に飛ばすのが北朝鮮という国家だ。
朝鮮学校の子どもたちは、恨むなら日本政府ではなく、無法を働き続ける金一族と北本国の体制を対象とすべきなのだ。

ついでに言うと、前述の莫迦鳩が出国するなら、入国管理当局には鳩の日本再入国禁止という粋な計らいでもしてもらえないだろうかと、心の底から希望している。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/01/11 08:11 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ