FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2013年01月10日
月別アーカイブ  [ 2013年01月 ] 

安倍政権と対韓外交

← 応援クリック、ありがとうございます。

韓国ほどの非礼な国は、地球上には存在しないのではないかと思ってしまう。
最近では、安倍首相の特使として同国に派遣された額賀福志郎氏に、こともあろうに一般の客が使う通路を使わせ、反日活動家の罵声を浴びさせるという演出を施した。
この対処は、官邸からの指示によるものだという。李明博がそう指示したのだ。
安倍総理の特使(名代)と言えば、安倍総理の分身であるから、総理と同じ待遇をもって迎えるのが外交の常識といえる。
ありとあらゆる手段を用い、彼等は日本を貶める。外交では、支那と通じ、反日共同戦線を張ることすら画策しているようだ。これには米国も呆れるだろう。
韓国にとっての国家生存は、一体何を以て担保されるのかという答えを、彼ら自身が見失っている。拙ブログに韓国は法治国家ではなく“情治国家”であるとのご指摘を頂戴したが、全くもっていい得て妙である。
支那や北朝鮮という、国の安全保障を脅かす存在を都合よく棚に上げ、自らが創り上げてきた「反日」という感情のままに、国益を棄損し続けるのだ。歯車が狂った機械のようなものである。

朴槿恵は恐らく、統治能力の低い首相になるだろうと想像している。
対抗馬の文在寅に100万票しか差をつけられず、過去に実績もない。
櫻井よしこ氏のコラムによれば、朴は今般の選挙期間中に、朴元大統領の娘であるが故に左翼陣営から激しい攻撃を受け、亡き父の統治について謝罪に追い込まれたという。
韓国の異常なまでの情緒的国民性を表わすエピソードでもあるが、線があまりに細く感ずる。これで百戦錬磨の支那と渡り合うのは、荷が重いのではないか。
李明博がそうであったように、どうせ任期が終わりに近づくにつれ、猟奇的な反日に近づいていく。こういう厄介な国との外交は、常識が通じないが故に難しいのだろう。

私は安倍晋三政権を断固支持する立場だが、政権スタートにおける対韓外交には大いに不満を持っている。そして、またも苦言を呈したくなる記事が、読売から配信された。

竹島領有権、当面提訴せず…日韓関係改善を優先 (読売電子版)

 日本政府は、島根県・竹島の領有権問題をめぐる国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を当面、行わない方針を固めた。
 安倍首相は、韓国の朴槿恵(パククネ)次期大統領との間で日韓関係の改善を目指しており、韓国の反発が予想される単独提訴は得策でないと判断した。
 政府は、2012年8月10日の李明博(イミョンバク)大統領による竹島上陸を受け、対抗措置の一環として、日韓両国によるICJへの共同付託を提案したが、韓国が拒否したため、単独提訴を目指して準備を進めてきた。
 安倍政権としては、ICJでの決着が望ましいとの立場は変えないものの、単独提訴は先送りし、韓国の対応を見極める方針だ。
 安倍首相は、民主主義や市場経済など価値観を共有する韓国との関係を重視している。2月25日に予定されている大統領就任式に合わせて訪韓し、日韓首脳会談を行い、関係改善を進めたい考えだ。関係を改善することで、沖縄県の尖閣諸島をめぐり圧力を強める中国をけん制する狙いもある。


安倍外交の思想は、支那包囲網にこそあるというのは、明確に理解できる。それも、手に取るように。従って、支那を取り巻く国を、利害関係におけるある程度の害をも享受しつつ、こちら側の陣営に取り込んでいくということに何ら異存はない。
ただ、韓国という国に足元を見られて、お得意の譲歩要求を繰り出されてまで、日本が歩調を合わせるということになれば、保守派は黙過しないだろう。
私が安倍政権を支持しつつ、どうにも納得いかない理由というのは、やはり李明博の天皇陛下への侮辱発言が、いまだに謝罪もなく、たな晒しにされていることにある。
この謝罪なくして、「韓国に譲歩?そうですか…」と静観を決め込む気にもなれないのだ。

安倍政権の対韓外交は、見方を変えれば、韓国に対して事大主義に埋没するのか、自由と民主主義の陣営に軸足を置くのか、選択を迫る外交だと取れなくもない。ただ、言いたいことだけを言われ、New York Timesに好きなように侮辱され、それでも対支那、対韓国の外交が民主党のそれと大差なければ、参院選前に保守派が離れて行くだろう。

安倍外交の真価が問われる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/01/10 07:45 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ