FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年12月28日
月別アーカイブ  [ 2012年12月 ] 

未来の党分裂 ~ 税金泥棒たちの脱走劇

← 応援クリック、ありがとうございます。

政治家の好み等を言えば色々と口を挟みたいところだが、それでも第二次安倍内閣の陣容は、なかなか重厚だ。原発事故関連で大失言をした伸晃氏を、その原発担当相に持ってくるところなど、安倍総理もしたたかだ。失言を乗り越えて信頼を得てみろというメッセージとも取れるが、原発担当相で失敗すれば、伸晃氏の総理総裁の芽はなくなる。
麻生元総理は言うまでもないが、稲田さんが入ったのも非常に良かった。古屋さんの拉致担当相も良い人選だ。官房長官の菅さんは、秋田から集団就職で上京し、ダンボール工場で働きながら夜学で大学を卒業し、一念発起して政治家を志した人物である。こういうサクセスストーリーもあっていい。
総じて、国交相を除いては良い組閣である。

一方、野党に目を転じてみれば、お家騒動で大変な状況である。
日本未来の党が、発足後一カ月にして瓦解した。分党と言うが、事実上の崩壊である。
選挙に大敗して以来、小沢教ブロガーたちの狼狽たるや、目覆いたくなるような状況だった。
彼等の言い分は一貫している。
一言で言えば、「嘉田さんが悪い」ということだ。
一切の責任を、代表である嘉田氏に転嫁する。
「小沢さんを全面に出していれば結果は違った」というのが、彼らの主張のようだ。
選挙に大敗したのだから、当然ながら、党首は責任を負うべきだ。しかし、小沢一郎は一兵卒を自ら進言し、今衆院選で黒子に徹したのではなかったのか。
要するに、小沢の作戦負けなのだ。
そう言う事実を知っていて無視するから、実態はカルト宗教に近い。

小沢一郎

未来の党の屋号は嘉田氏と飯田氏が取るが、その党に残るのは社民党を抜け出した阿部知子のみ。
実質的には、母屋の乗っ取りである。
乗っ取り犯は政党名を「生活の党」として、森ゆうこを代表に据える。
この党首選びのセンス・・・。完全に終わっている。
森ゆうこと言えば、民主党時代(2006年)に安倍総理に対し、「私もさっき記事を見たばかりでよく分からないんですけど…」と、週刊現代の記事を使った低俗極まりない質問を行い、安倍総理にブチギレられた議員である。
このエピソードだけでも、「生活の党」の程度が知れる。
生活の党は、およそ8億円の我々の税金(政党公布金)を、未来の母屋とともにふんだくり、のうのうと政治活動を続けることになる。

今回の分党劇は、未来の党の「卒原発」という方向性を信じて票を投じた有権者にとっては、裏切り行為以外の何物でもない。
選挙に大敗し、嘉田という看板の必要価値がなくなれば“お隠れ”になってしまい、連絡も拒絶する。小沢の縁切りでよく聞く手段だ。自分で口説いた人物でさえ、必要なくなればそれを簡単に捨てるのが小沢一郎である。
結局小沢にとって、卒原発というポリシーなど、どうでもよかったということだ。
卒原発に風が吹くことを期待し、その風に乗ろうとしただけだったのだ。見えるのは、政策が0%で政局が120%の政治家の姿である。

政界のフィクサーと不動産業を生業としてきた小沢一郎には、弱小野党として数少ない兵が残されたのみだ。政治を動かすには、金も勢力もない。
いい加減、もう引退されてはいかがか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/12/28 07:46 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ