FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年12月26日

安倍新首相に迫る「暗殺予告」 ~ “心ある全日本人の戦い”が始まる

← 応援クリック、ありがとうございます。

どうにもこうにも心が躍らない民主党代表選が昨日実施され、海江田万里氏が次期党代表に選出された。
この野党第一党の代表選がほとんど注目を集めなかったのは、何も民主党が下野したからだけではない。もう一度政権を窺う程の勢いがあれば、メディアも有権者も注目する。ところが今の民主党は、実質的には斜陽政党と言っても過言ではない。野党第一党の代表選びに、なかなか候補者が出てこなかったこと自体が、その実態を物語っている。
海江田氏自身が「参議院選挙で少しでも議席を伸ばし、それがかなわない場合でも、議席の減り方を少なくするために」と語っている通り、党の評価は下げ止まらず、凋落の一途をたどっている。
海江田万里という媚中派政治家は、理念上は安倍次期首相にとってカウンターパートになるのだろうが、何せ迫力がない。いい意味での毒もない。
衆院選の敗戦処理として登板した格好だが、恐らく来る参院選でも負け、維新の後塵を拝し、任期は半年持てばいいところだろう。

そんななかで今日、安倍新政権が発足する。
民主党への政権交代直後から、解散総選挙による政権再交代を切望してきた身としては、待ちわびた日がとうとう到来したということであり、喜ばしい限りだ。
この悪夢のような3年余に渡る国賊たちの政治を見てきて、常に憤慨し続け、呆れが宙返りし、ブログエントリーの半分は民主党批判だった気がする。
安倍新政権の船出は、参院でのねじれを抱えた、難しいものになる。
ハネムーン期間どころか、自民党総裁選や衆院選の最中からネガキャンを展開する守旧メディアは、手段を選ばず安倍バッシングを繰り返す。
安倍自民支持者に取ってみれば、文字や映像で確認できるバッシングは記録にも残るため、反論の機会を確保できる面もある。今の時代、どこかのメディアが根拠のなき誹謗中傷に及べば、その所業は瞬く間にネット上に拡散され、反論と共に抗議の渦が巻き起こる。
ところが、安倍新首相への攻撃は、そればかりではないのだ。
西村幸祐氏のFacebookで知ったのだが、書店での一般売りがない定期購読者向け雑誌「テーミス」に、安倍総裁へのテロに関する記事が掲載されている。
警視庁や自民党のホームページに、安倍新首相の殺害予告が相次いでいるという。
その数、70件以上にのぼる。

安倍総裁に「殺害予告」70件
在日朝鮮勢力の「反日クーデター」を暴く
(テーミス)

 安倍晋三自民党総裁の「生命」が狙われている。自民党総裁に就任した日から、「殺害予告」が止まらない。
 警備をあざ笑うかのように大胆不敵にも警視庁のホームページに「殺害予告」が届いたのをはじめ、自民党のホームページにも相次ぎ、すでに70件を超えている。「前代未聞の事件。総選挙前に大政党の党首に殺害予告をするとは聞いたことがない」と警視庁の担当は驚く。
 「殺害予告」の背後には大きな組織がある。巧妙な手口で監視の厳しい警察のホームページに何度も送り付けるのは、外国工作機関の特徴だ」と、警戒を引き締める。(以下略)

安倍総裁に「殺害予告」70件
安倍総裁に「殺害予告」70件
在日朝鮮勢力の「反日クーデター」を暴く (テーミス)

記事は、衆院選突入の前に書かれたものと思われ、「“親挑戦政権”(=民主党)を守るためにあらゆるテロが準備されている」と指摘する。あらゆる角度から読んでみても、記事が指摘する暗躍組織は朝鮮系勢力だ。
この記事を読んで、改めて安倍新首相の「日本を取り戻す」という言葉の意味が理解できたように思う。

今は、竹島の日や尖閣公務員常駐や靖國例大祭の件で、安倍新首相を罵倒している時ではない。勿論、安倍新政権には注文をつけ続けなければならない。それが支持の意思表示にもなる。
ただ、命を危険に晒してまでも、私たち国民のために日本を取り戻そうとしている政治家が、再び政治リーダーとして立とうとしている時だ。共通の敵は、朝鮮半島や支那の反日工作組織と在留外国人利権者であり、それらの勢力に毒されたマスメディアである。
ここで安倍新首相を支えずして、心ある日本人と言えるだろうか。
兎に角、安倍政権の再スタートだ。
心ある日本人は、小川榮太郎氏が著書「約束の日 安倍晋三試論」のエンディングに書いたこの文章を噛みしめ、安倍新首相の元に集結して欲しい。

 私は、切望している。
 この終わりなき敗北から、日本が、自立した国家の物語を取り戻し、希望を取り戻す日が、一日も早く訪れる事を。
 そして、安倍晋三が、「果し得ていない約束」を果す為に、今こそ、執念の炎を燃やし、政権を再度奪還してくれる事を。
 国家の希望、国家の物語を本気で語ろうとする政治家が他に全くいない今、そのような理念政治が可能なことを、安倍が再び証し立ててくれる事を。
 漂流を続ける日本で、今度こそ、「戦後レジームからの脱却」の物語を完成し、若者が希望を持てる日本、未来と世界に力強く自己を打ち出せる日本を、首相として実現してくれ­る事を。

 だがもし、安倍が、自分の語りかけた未完の物語を本当に語り直す決意をした時、もう一度、あの命懸けの激しい政治闘争の「濁流」に飛び込む覚悟を決めた時、心ある日本人の­誰が傍観していられるだろう。各々、自分の何か大切なものを差し出しもせずに、安倍に向かって、あの激烈な戦いを再び戦えなどと注文する事ができようか。
 安倍にしても、あの苦杯を共に干してでも日本の明日を生み出そうという覚悟を持った、心ある人々の存在を信じなければ、何の為に再びあの戦いを戦えるだろう。
「日本」は、それを大切に思う者の心の中にある。
 前内閣での安倍の戦いも、本来、その為に行われたはずだ。あれは、本当に巨大な戦いの為の、いわばリハーサルだったのだ。
 次の安倍政権は、安倍の戦いではなく、心ある全日本人の戦いでなければならぬ。各々が、安倍の戦いの障害をそれぞれの立場で取り除き、前回、安倍とそのチームだけでは完遂できなかった「戦後レジームからの脱却」を実現せねばならぬ。
 それは最早、永田町の中だけの政治劇ではない。安倍が、最初の所信表明で率直に呼びかけたように、「新しい国創りに共にチャレンジしたいと願う全ての国民」一人ひとりの­「物語」、日本人一人ひとりの気付きを通じての、新たな国生みの「物語」の始まりなのだ。
 安倍晋三内閣総理大臣が再び誕生する日。尖閣や竹島、震災復興や原発問題で動揺し続ける日本国のリーダーに、世界中が注視する就任記者会見。膨大なカメラの放列が放つフラッシュの閃光とシャッター音をしたたか浴びる安倍首相が、今こそ再び「戦後レジームからの脱却」を、国民と世界に宣言するその日。―― その日こそ、前回不本意極まる辞任をした安倍が、国民に対して内心密かに期してきた「約束の日」に違いない。そして、第二次安倍政権の挑戦が、国民共有の物語になった時、我々は胸を張って「日本人」に戻ることができるだろう。
 その約束の日はいつか。それは遠い将来ではないと、私は信じている。





最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/12/26 07:42 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ