FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年12月21日

公明党も石破幹事長も、安倍次期首相の足を引っ張るな

← 応援クリック、ありがとうございます。

自民党安倍総裁が年の瀬も迫った26日、第96代内閣総理大臣に就任する。
戦後の日本を支配し続けてきたレジームに風穴を開け、まっとうな政治によって日本国をまっとうな国家へ導くことを大いに期待する。

昨日の産経新聞のコラムで、ジャーナリストの笹幸恵氏が、総裁が首相として靖國神社を参拝するかどうかに触れず、「外交問題にすべきではない」と言うにとどまったことに対し、「ケシカラン」と述べた。
確かに私も、首相の靖國神社参拝には期待する。
私も毎年、真夏の暑い8月15日に靖國を参拝しているが、首相の参拝がないことに寂しさを感じる。そして政治家の何よりの勤めとは、天皇陛下が平和裏に靖國を訪問され、英霊に対して祈りを捧げられる環境を整えることだと考えている。
ただ、安倍次期首相が参拝を明言しないことに対し、「ケシカラン」というのは筋違いだろう。次期首相はご自身のタイミングで参拝される。恐らく、ご自身の信念に基づいて行動されると思う。それを他人がとやかく言うのは、はっきり言って踏む込み過ぎだ。
そもそも、参拝するかしないかを曖昧にすることで、カードを手にするということもある。手の内を公開してしまえば、あとは特アの罵詈雑言を受ける一方の守勢に回らざるを得ない。
総裁ご自身は、「在任中に靖國参拝できなかったのは痛恨の極み」という言葉の中で、はっきりと意思表示している。その言葉の意味を斟酌すべきではないだろうか。

もうひとつ、外交上の課題として浮上しているのが、2月22日の「竹島の日」の問題だ。
自民党は、衆院選公約集において、2月22日を「竹島の日」として、政府主催で祝う式典を開くということを明記している。国家として当然の処置だろう。
ところが、この公約に対して、公明党の山口代表がイチャモンを付けた。
山口氏は、韓国の信大統領朴槿恵の就任式が、竹島の日の3日後の2月25日に行われることを考慮し、「今後の日韓関係の改善を妨げる要因になることは政府として避けるべきだ」と、竹島式典の開催を止めるよう求めた。
さすが公明党である。
戦後レジ―ムからの脱却を目指す次期首相に対し、「戦後レジームの殻の中に閉じこもっていろ」と言っているのだ。絶えず特アの視線を意識し、特アの反発を招くような展開になるのであれば、日本は引けということである。
山口氏は、自民党単独では参院で少数与党となる現実を見据え、公明党のプレゼンスを示すためにも、自民党に対して強い態度に出ているわけだ。
公明党は立場をわきまえた方がよい。自民党との連立という枠組みを外されれば、次期参院選は学界の票に頼るのみで、議席を減らすことになるのだから。

竹島
日本固有の領土、竹島

だが、公明党よりもっと問題なのは石破幹事長だ。
石破氏は、昨日記者団に対し、「政権を担っている間に実現に向けた雰囲気を醸成していくのが先決だ」と述べ、来年の開催を見送るべきだとの認識を示した。
そもそも総理大臣になる人に対し、身内からその行動を抑制するような言質を残すのは如何なものか。
確かに任期は4年ある。4年間で実現すればいいという意味もわからないではない。
ただ、幹事長という立場上、言葉には一定の重みがあることは認識すべきだ。止めろと言われて止める安倍総裁ではないだろうが、韓国にみすみすカードを渡すような事態は避けるべきであり、幹事長が総裁の行動を制御するとも取れるような発言は、厳に慎むべきだ。
身内から足を引っ張る事態の再現は、古い自民党への逆戻りである。

韓国が強く出るから一歩下がるべきだという説に全く意味がないことは、歴史が証明している。その場しのぎは可能だろう。だが、譲歩に対して彼等がいつも見せる態度は、嵩にかかった更なる譲歩の要求だ。
韓国に求めるべきことは、天皇陛下への謝罪なしに李明博を辞めさせるなということだ。

靖國参拝にしろ、竹島の日の式典にしろ、方針を出すのは総理大臣だ。
安倍総裁が首班指名を受けるその前に、あれこれ言ってその立場に足枷をはめるようなことをしてはならない。
全ては、安倍総裁が首相になってから、首相の立場で決めれば良いことだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/12/21 07:44 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ