FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年11月19日
月別アーカイブ  [ 2012年11月 ] 

「今と未来に、誠実でありたい」という妄言

← 応援クリック、ありがとうございます。

昨日、野田首相が「小異でないものまで捨てるのは野合だ」と批判したことを引いて、いわゆる第三極の野合を批判した。しかしながら、元はと言えば民主党そのものが大きな野合である。
野田氏に批判する資格があるのかと言えば、甚だ疑問だ。
民主党は、衆院選の候補予定者に「党の決めたことは守る」とする念書を取るのだそうだ。
公認前の党議拘束だ。
つまり、念書を取らなければ党の結束を固める事がでできないのである。
大阪の長尾敬氏を除けば、離反者の続出は、民主党という看板が選挙に不利に働くことを嫌った、さもしい行動原理の表れのように思える。
まずは綱領を出してから言え、というものだ。

どういうわけか、野田総理が14日の党首討論で珍しく気迫を見せ、「定数是正、やりましょう!」などと凄んだら、世間では“決断力がある”とか“安倍総裁もタジタジだった”などと、ピント外れの感想などが聞こえてくる。
野田首相の人柄を評価する数値も上がっているそうだ。
ところが野田首相のやっていることは、借金の返済を色々な理由を付けて先延ばしにした挙句、あの日ようやく「2日後に返します」と言っただけの話である。
誉めそやす理由など、どこにも見当たらない。
しかも、その発端となったのは、彼と彼の党が「やらない」と言って政権を取った、消費増税である。
誉めている人は、3年前と同じ手法の詐欺に引っ掛かる可能性が大だろう。
お気の毒なことだ。

民主党はいま、盛んにテレビCMを流している。
キャッチコピーは「今と未来に、誠実でありたい」だ。
だが、言葉が足りない。
そのコピーの前に、「今までは不誠実でした。申し訳ありません。」という一言が必要だ。
民主党は、このCMを作る前に、誠実という言葉の意味を良く調べたのだろうか。
誠実とは、「私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。また、そのさま。」という意味である。
嘘八百を並べたパンフレットで票を買った人たちが誠実だというなら、誠実の意味を書き変えなければならなくなる。
民主党にとって真心とは、とりあえず金をばら撒けば良いということなのだろうか。もしくは、真心の対象は、彼等が大好きな地球市民というフレーズが表わす通り、国民ではなく外国人まで及ぶのだろうか。
平成の脱税王が党初代総理大臣となり、次の総理は北朝鮮シンパへせっせと税金を送金する。恐らく党で最後の総理大臣となった人物は、シロアリ退治もせずにシロアリの操り人形となって、約束違反の増税だ。
よくもまぁ、誠実という言葉を使えたものである。
彼等は3年前、「一度やらせてください。やってダメだったら、元に戻せばいいんです」と公言していた。だが、彼等のお陰で外交はずたボロ、国家予算は膨れ上がり、最後は大増税だ。

野田首相は「覚悟のない自民党に政権は戻さない」と、安倍自民党に宣戦布告した。しかし、国民を2度も騙せると思うなら、それは甘すぎる。

お前ら増税、俺脱税



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/11/19 07:34 ] 政治 | TB(1) | CM(7)
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ