FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年10月16日
月別アーカイブ  [ 2012年10月 ] 

橋下維新は泥船に乗船するのか?

← 応援クリック、ありがとうございます。

橋下維新のバブルは、既に崩壊してしまったようだ。
時代の寵児ともて囃され、大阪ダブル選では圧倒的な勝利をあげた。
勢いに乗って「大阪から日本を変える」とのスローガンで国政への進出を宣言し、民主、自民、みんなの党から現職議員を引き抜いて、日本維新の会を結党した。
歯車が狂い始めるのはこの辺からだ。
その引きぬいた議員が、すべて二流。目玉議員がいない。申し訳ないが、既成政党から落ちこぼれた人材という感が強い。
結党に参画した現職国会議員は、〝誰も知らない議員〟の域を出ず、恐らく「この国会議員で日本を変えられるわけはない」と実感した有権者の失望が、日本維新の勢いを失速させた。
議員を引き抜く際の公開討論もまずかった。
維新に参画した国会議員にとっては〝維新入党試験〟だったのだが、実態は公開のかたちをとった出来レースそのものだった。
田原総一朗氏がこの〝維新入党試験〟さながらの公開討論に参加し、橋下氏を詰問し、「竹島は韓国と共同管理で」という言質まで取ってしまった。
橋下氏に期待した有権者も、この竹島発言を聞き、「あーあ」とため息をついたのではないか。
ここに来て、安倍晋三元首相(現自民党総裁)を引き抜き、国政政党としての看板としようと画策した橋下の気持ちが痛いほど良くわかる。

もう一方で、最近、凋落の一途を辿っていたのが、渡辺喜美率いるみんなの党である。
みんなの党の渡辺代表は、昨年の段階から「みんなの党と維新は一卵性双生児」と言ってはばからなかった。ところが8月、橋下・渡辺会談で、両党の合流話を維新側から蹴られ、みんなの党も失速する。国政の先輩であるみんなの党が提案した〝対等合併〟案すら否定されたのである。
結局みんなの党は3名もの離党者を維新に献上し、実質的には分裂した。
最近の各社世論調査では、みんなの党の支持率がジリ貧状態にある。第三極の筆頭を自認していた同党は、戦略の立て直しを迫られることとなった。

橋下と嘉美


恐らく、橋下が嘉美の提案を蹴った8月の時点では、維新はまだ〝高く売る〟側に居たのだろう。
ラディカルな維新八策を掲げ、「乗るの?乗らないの?」と誘い水を差しつつ既成政党の出方を窺い、値踏みするような、〝維新をより高く売る〟立場だったのだろうと思う。だから、渡辺嘉美に対し8月の時点で、「一緒にやりたいならみんなの党を解党しろ」とまで言えたわけである。
今回の維新とみんなの党との政策協議での連携を見ると、維新が売り手から交渉相手という立場に譲歩したことがうかがえる。
みんなの党に譲歩し、石原慎太郎東京都知事との会談によって、首都圏では高い人気を誇る石原都知事にすがりついた。橋下維新において、かなりの戦略転換が進行中だということだ。

いまのみんなの党は、いま、泥船に近い。
それに乗ろうと言うのは、維新バブルが早くも弾けた証左なのだが、維新+みんなの解党的合流という大技でもあれば、流れは引き戻せるかもしれない。
いずれにせよ、次期衆院選で過半数を取ると豪語していたころの勢いは姿を消した。
個人的に、霞が関改革は大歓迎なのだが、八策のなかにはかなり危うい事柄もあり、まずは小規模~中規模政党から始めてもらいたいというのが本音だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/10/16 11:12 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ