私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年10月

韓国に返還された「朝鮮王室儀軌」は、実はコピーだった

← 応援クリック、ありがとうございます。

30日、別所浩郎駐韓日本大使がソウルに着任したそうだ。
野田首相からの指令は、「しっかりした両国間の信頼関係を築けるよう努力せよ」ということらしい。
別所氏は、95年の外務省北東アジア課長時代に、慰安婦問題解決の一環として「女性のためのアジア平和国民基金」の設立を進めた一人である。この基金は村山内閣の指示によるもので、好むと好まざるとにかかわらず、仕事としてやったのかもしれないが、この人物の危険度はもう少々時間の経過を見ないと解らない。

全権大使だから名誉な職なのだが、ある意味お気の毒である。
なにせ、聴く耳を持たない国だからである。
相手が聴く耳を持たず、会話が成り立たない以上、二国間に信頼関係など生まれるはずもない。

韓国といえば、興味深いエピソードがある。菅内閣が決定し、日本国内では散々批判されながら実施した朝鮮王室儀軌の返還にまつわる話だ。
櫻井よしこ氏、田久保忠衛氏らが2005年から2008年にかけて、支那、韓国の論客を相手に、日支間、日韓間の歴史問題などをガチンコで議論した記録、「日中韓 歴史大論争」という本がある。
当然ながら、議論は果てしなく平行線をたどり、コンセンサスなど形成されるわけがないのだが、靖國、竹島、尖閣、教科書、人権、軍拡などのキーワードに反応する方にはお勧めできる一冊だ。

その本の纏めの部分に、政治・歴史学者の古田博司氏が登場する。
産経新聞で「正論」を執筆されているので、ご存知の方も多いと思う。
本に収録された古田氏の発言によると、日本が返還した「朝鮮王室儀軌」は、実は複本(コピー)なのだそうだ。
原本はフランスにある。
日本の学者が知っているのだから、韓国も当然、この事実を知っていたはずだ。
なのに何故複本と知りつつ、日本からの返還を求めたのか。
そこに韓国民族の屈折したメンタリティがある。
要するに、儀軌の貴重性などは二の次なのである。それよりも何よりも、「日本が朝鮮から奪い取ったものを返還させた!」というパフォーマンスが優先されるのである。
それも、日韓併合時に朝鮮総督府が「持ち去った」という修飾付きである。
これほど韓国民族の自尊心を満たすものはないだろう。
韓国はフランスにも儀軌の原本の返還を求めているが、こちらは玉虫色の妥協をもとに収束している。
一方日本はご丁寧に返還だ。これで韓国の御機嫌をうかがえると思った民主党政権もおめでたい。
ちなみにこの儀軌返還には、共産党が一枚も二枚も噛んでいた。儀軌返還の儀式には、共産党の笠井亮が日本の国会議員としてただ一人招待されている。
民主党も共産党も、同じ穴の狢ということだ。

韓国は日本が「朝鮮王室儀軌」を奪ったと主張する。
これには異論がある。
もともと韓国で大流行していたらい病患者保護の為に、明治天皇がご皇室の財産を下賜された。その事に対するお礼として、天皇に献上されたのが「朝鮮王室儀軌」だ。
そんな事実は認めたくない韓国は、恩を仇で返す。
韓国の朝鮮王室儀軌還収委員会は、日本政府とご皇室を相手取り、儀軌返還に向けた民事調停申請をソウル中央地方裁判所に行っているのである。

善意は通用しない。
善意を与えれば、向こうからは悪意が返ってくる。
日本国家の一番の財産であるご皇室も、彼等にとっては悪意を向ける対象なのだ。
こんな国との友好、信頼関係など、結局は絵に描いた餅だ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2012/10/31 07:40 ] 外交 | TB(1) | CM(6)
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: