FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年08月15日

明らかに一線を越えた李明博 ~ 今こそ日韓国交断絶を

← 応援クリック、ありがとうございます。

終戦の日ぐらい、静かな環境で鎮魂に心を捧げたいと思っていたのだが、どうも韓国がそれを許さないようだ。
既に大々的に報道されている通り、韓国の李明博大統領が天皇陛下訪韓に関し、「(日本の植民地支配からの)独立運動をして亡くなった方々を訪ねて心から謝罪するならば来なさいと(日本側に)言った」と述べた。
また、「(天皇陛下が過去に表明した)『痛惜の念』などという単語ひとつを言いに来るのなら、訪韓の必要はない」とし、国賓としての訪日は実現していないことに触れて「日本の国会で言いたいことを言わせてくれるなら行く」と言い放った。
妄言のオンパレードというより、対日強硬路線の大安売りだ。

李明博

この暴言に対し、度し難く鈍いのが民主党政権である。
玄葉外相はこの李明博の言質について、「報道は承知しているが、そういう内容の話は一切聞いていない」と、逃を打った。つまり、日本政府はこの李明博発言について、政府としてどう対応するかをまだ決めきれていないのだ。
「れを失する」ぐらいいの発言は素人でも言えそうなものだ。
肝心な外相がこの程度で、外務省も適当な言葉を外相に授けられない。
首相はダンマリ。
日本の政治・外交スタンスは一向に見えてこない。
韓国政府は日本政府に対し、「日本の責任ある人物がそうした行為をしないことを強く求める」と述べ、参拝自粛を要請している。
これは内政干渉以外の何物でもない。
「日本は日本の流儀で戦没者を弔う。他国の干渉は受けない」と答えて初めて、日本が独立国家であることを世界に証明できるのだろうが、民団から支援を受ける民主党政権には、そんなことは望む方が間違っている。

李明博の発言の重みを、李明博自身が理解していない。
だいたい、たかが韓国の大統領に、天皇は朝鮮の運動家の前に跪けと言われたも同義なのだ。
かつて英国の植民地だったインドの首相が、英国のエリザベス女王に過去の植民地支配を謝罪しろと言っているのと同じことなのである。
之が国際社会からみて、如何に軌道を逸した発言なのか、恐らく解っていないのは李明博と韓国政府ぐらいなものではないだろうか。

李明博は、天皇による謝罪という言質によって、明らかに一線を越えてしまった。
韓国に嫌悪感を持たない日本人も、天皇陛下を見下した発言によって、目を覚ますだろう。
内政での支持率UPを狙った暴挙によって、嫌韓日本人を増やしてしまったのだ。
一方、日本にも反省点はある。
過去の植民地支配への反省などではない。
武力を持っていても行使できないという法体系だ。
いくらバカな国家であっても、対外的武力行使が可能な日本があるなら、韓国は口を出してこない。ひとたび日本を軍事的敵国としてしまえば、背後に控える北朝鮮・ロシア・中国に囲まれて四面楚歌になることは必然だからだ。
特アの雑音を遮断するためには、日本は実質的軍事力を保持しなければならないのである。

個人的には、韓国に対し、「悪いのはコイツらだ。好きなようにしてくれ」と、慰安婦問題を捏造した朝日新聞と植村隆記者を差し出し、この雑音を収束させ、そのことを以って国交断絶と行きたいものだ。
この8月15日、李明博が何を言うか、注視だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/08/15 07:19 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ