FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年08月09日
月別アーカイブ  [ 2012年08月 ] 

消費税政局と自民党に足りない“野党力”

← 応援クリック、ありがとうございます。

どうやら消費税政局は山場を越えたようだ。
自公民3党は、党首会談を経て、一体改革とは名ばかりの消費税増税先行法案を通し、政局を一旦収めることを決めた。
その担保となった言質が「近いうちに信を問う」というものだ。
昨日早朝に出た「近い将来」が夜に「近いうち」に変わったところで、密室にいた3党党首以外にはその言葉の変化が意味する違いは分からない。マスメディアの奮起に期待したいところだが、憶測が確信に変わるには、野田首相の決断を待つ以外に方法がない。

この政局で、私が最も落胆したのは自民党である。
Twitterなどを見る限り、私の拙いブログの読者には、自民党支持者が多くいらっしゃるようだ。
ただ、敢えて言うが、自民党はまだ野党らしくなっていない。
では野党らしさとは何か。
それは、政権が現わす馬脚、失言や失態、総じて無能力さを徹底的に追及し、国民の目にそれらをあますことなく晒すことである。
この政権では国家が持たないという自覚を、国民に植え付けることだ。
それとは逆に自民党は、3党合意によって、青息吐息の民主党の延命に力を貸した。
大連立を是とする長老議員の働きかけもあったのだろうが、対立軸を示せなくなった野党が埋没の危機に瀕することは、素人にだって分かる。
そんな中、小泉元首相の仕掛けた「ちゃぶ台返し」に若手議員が呼応し、執行部に強硬路線を訴えた。
これを契機に強面に変身してみたものの、大新聞と公明党に叱られた。
8日の社説は、朝日が「民・自対立―3党合意に立ちかえれ」、読売が「内閣不信任案 一体改革を党利党略で弄ぶな」、毎日が「混迷する国会 政争の愚を党首は悟れ」、日経が「最優先すべきは消費増税法案の成立だ(これのみ7日)」だ。増税翼賛新聞は、産経と東京が「信を問え」と訴えた以外は、自民党が仕掛けた政局批判で足並みを揃えた。
挙句の果てが「近いうち」での手打ちである。
谷垣氏が水面下、もしくは密室で、首相から解散時期の言質を取ったと祈りたいところだが、そもそも解散が3党合意の条件になっていなければ、衆院解散という専権を持つ首相がイニシアチブを握り続けることぐらい予想できただろう。
この消費税政局は、自民党にとってかなりのダメージになったのではないだろうか。

昭和22年、総選挙に敗れた吉田首相は政権を投げ出し、敢えて片山哲の社会党内閣に政権を担わせた。片山内閣は日本に混乱を引き起こしただけで終わり、この政権交代によって国民は誰が政権担当能力を持っているかを悟り、第二次吉田内閣がスタートした。戦後日本の再建のスタートである。
民主党が政権を取った後、私はこの展開を望んだのだが、自民党はいまだに信頼を回復しきれていないようで、代わりに第3極の台頭が期待される始末である。

自民党に期待するから敢えて勝手なことを言わせてもらうが、こうなったら総選挙は9月23日の自民党総裁選の後にしてもらいたい。
今の総裁では、リーダーシップ、発信力、国民の期待がことごとく不足している。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/08/09 11:30 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ