FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年08月03日
月別アーカイブ  [ 2012年08月 ] 

朝日新聞に人権を語る資格などない!

← 応援クリック、ありがとうございます。

元朝日新聞記者の稲垣武氏によれば、朝日新聞読者の3本柱は「主婦」と「教員」と「団体職員」なのだそうだ。「なんだ、民主党の支持層とそっくりじゃないか」と思ってしまうが、決して偶然の一致ではない。
「教員」と「団体職員」はさもありなんというところだが、主婦にとっても朝日の論調は受け入れやすいのだろうと思う。
「我こそは弱者の味方」というような論調は、新聞も、報道ステーションのキャスターも類似しており、朝日系メディアの最大の特徴と言える。
特に人権問題となると、鬼の首を取ったように騒ぎ立てるのが朝日系メディアだ。
ただ、朝日新聞に人権など語る資格はない。
そう断言できる事案をふたつほど書いてみる。

ひとつは拉致被害者である曽我ひとみさんにかかわる件だ。
平成15年、新潟の拉致被害者家族支援室に現れた朝日新聞記者が、室長が所持していたファイルを無断で盗み見て、曽我さん当てに北朝鮮の家族から届けられた手紙の送り状を確認。曽我さんご本人にも支援室にも一切了解を取らないまま、番地や気付となっている個人名も全て記事にした。
曽我さんは新聞に北朝鮮にいる家族の住所が書かれることで、手紙が届かなかったり、その他の不利益が起こる可能性を訴え、強く抗議し、責任ある回答と謝罪を求めた。
これは立派な人権侵害である。
拉致被害者がらみでは、週刊朝日も酷い人権侵害をしている。
同じ平成15年、同じく拉致被害者である地村保志さん、富貴恵さんご夫婦のインタビューを掲載したが、これは雑誌に掲載することを事前に断ったインタビューではなかった。それを「本誌独占インタビュー」と銘打って堂々と掲載したのである。
ご夫妻は週刊朝日編集長あてに抗議文を送ったが、編集長は、無断録音や記事にする承諾を得ていなかったことを認めざるを得なかった。

もうひとつは、朝日の嫌いな靖國神社がらみの事案だ。
下記は、2006年8月の共同通信の記事である。

 靖国神社が朝日新聞の報道をめぐり、プライバシーなどを理由に「取材申請に対しては不許可とさせていただく」などと通告し、同紙の小泉純一郎首相の参拝取材を制限していたことが15日、分かった。
 朝日新聞によると、同紙は12日付朝刊に「靖国神社 懐寒し」との見出しで、記事とともに靖国神社の所有地を大まかに示す地図を掲載。
 これに対し靖国神社側から14日付で「プライバシーや身辺警護の立場から行き過ぎた報道」として謝罪などを求める抗議書が来たという。
 朝日新聞広報部は「記事についての抗議には真摯(しんし)に対応していくが、取材規制とは別次元の問題。報道の自由に抵触する遺憾な行為だ。抗議するとともに、速やかな取材規制の撤回を求める」と話している。


靖國神社による朝日新聞取材拒否の理由は、より具体的に言えば、職員寮(独身寮と妻帯者寮)の所在地が件の記事に書かれていたためだ。
当時、靖國神社は、小泉参拝で多くの注目を集めていた。
熱心な参拝者は多いが、反対派サヨクも多い。毎年8月15日に靖國神社近くでデモを繰り広げる反天連のような変態もいる。
職員寮の所在地が広く知らしめられれば、職員に危険が及ぶことだってあり得るのだ。
朝日新聞は、靖國神社のこの取材拒否に対し、「報道の自由に抵触する遺憾な行為」と抗議したが、ふざけた言い草である。
報道の自由のためなら、職員の身の危険など取るに足らないものだと言わんばかりだ。
靖國神社の職員寮も、曽我ひとみさんの手紙の件も、まさしく報道テロと言うべきものだろう。

人権を声高に叫ぶが、ネタになりそうな事案、もしくは徹底的に苛めたい対象に対しては、人権など都合よく棚に上げるのが、朝日新聞の正体である。
加えてこの新聞は、様々な問題を起こしても、ロクに謝罪をしない。
朝日新聞が大問題を起こし、公式に謝罪したのは、サンゴ事件ぐらいしか記憶にない。
慰安婦問題や南京問題などを、国に対して謝罪しろと連呼しながら、自社の行き過ぎた報道に対しての謝罪要求には馬耳東風なのが、朝日新聞という会社なのだ。
こんな会社に人権や報道の自由を語る資格など、断じてない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/08/03 11:23 ] メディア | TB(0) | CM(2)
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ