FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年07月11日

竹島は不法占拠ではなく“侵略” ~ 日本語を正しく使うための知識

← 応援クリック、ありがとうございます。

いま、クリントン米国務長官の言質が話題となっている。
韓国紙報道で、同長官が戦前・戦中の慰安婦について「性的奴隷」と表現するよう部下に指示したとする問題である。
慰安婦と性奴隷では、耳にする人に与えるインパクトが違う。
英語で言えば、"comfort women"と"sex slave"だ。
slave(奴隷)という言葉は、かつてのアフリカ系の民族がそうだったように、強制的に支配下に置かれ、一方的に服従させられる者を連想させる。
わざわざslaveという言葉を使う行為に、韓国の悪意に満ちた意図がある。
言葉そのものを情報戦に使おうという戦略なのだ。

言葉とは、それほど使い方が難しい。
私がこのブログを書き始めた理由のひとつは、民主党政治に国家レベルの危機感を覚えたことがあるのだが、笑われることを覚悟で白状すると、そもそもブログは日本語を書く練習のために始めたのだ。
だから拙ブログには、漢字の変換ミス同様、勉強不足に起因する日本語の間違いが赤面するほど沢山ある。

自戒の念を込めて言うなら、一例は竹島の韓国による“不法占拠”という言葉の使い方だ。
民主党政権になってから、それまで竹島の不法占拠という表現を使わなくなり、「法的根拠がない形で支配されている」という言い回しが政府見解となった。
民主党外交の弱腰を物語る表現であり、拙ブログではこのことを何度も批判してきた。
ところが竹島の真実は、不法占拠という生易しいものではない。
これは、韓国による日本国土への紛れもない侵略である。
当然ながら、侵略という強い表現は、外交上の配慮もあって、政治レベルでは使われない。
ただ、侵略といわない限り、竹島の本質は伝わらないのではないだろうか。
同じく、北方領土はロシアによる侵略によって奪われたものだ。
歴史をほんのちょっと紐解くだけで、ロシアの侵略という事実は容易に知りえるものである。

旧日本軍によって強制された“従軍慰安婦”という存在はなかったのだから、慰安婦の前に“いわゆる”という言葉を添えることも忘れてはならない。
南京大虐殺という表現など、問題外だ。
朝日新聞などが好んで使う「平和憲法」も、言霊の悪用の一例である。

ソウルのおっさん=トラックテロリスト

一昨日、韓国のどこぞのオッサンが、日本大使館に車で突っ込むというニュースがあった。
これは事件として報道されているようだが、明らかにテロだろう。
テロリズムとは、「政治的目的を達成するために、暗殺・暴行・粛清・破壊活動など直接的な暴力やその脅威に訴える主義」を言う。
つまり、殺傷が伴わなければテロではないという見解は、一面的な解釈にすぎない。
あのオッサンには恐らく、殺意はなかったと推察する。
しかし、こともあろうに外国の公館に車で突入し、周囲にいたかもしれない警備員と、公館内にいた同胞の身の安全を脅かす行為は、単なる事件で片付けられるものではないはずだ。
彼の国に見られる、外国の国旗に火をつけて燃やすという行為も、一種のテロである。

報道はとかく中和した表現を使う。
事実を中和した表現で伝えるならまだマシだが、それを歪曲して伝えるマスメディアが多いことも事実である。
私の中には、大津の少年を自殺に追いやった原因が、果たして“いじめ”という3文字で片付けられるものだろうか、という疑問もある。
それを“間接的殺人”と表現するとクレームが来るだろうが、自殺の練習までさせていた側の人間の行為には、いじめという平面的な表現では網羅できない背景があるようにも思う。

日本語は難しい。
私のように頭の悪いブロガーには、まだまだ勉強が必要だ。

私の日本語を書く練習に付き合っていただいている読者の方々には、感謝の言葉しかありません m(_ _)m


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/07/11 11:23 ] メディア | TB(0) | CM(6)
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ